fc2ブログ

コーダがエ~ガね

わしに知らない人からメールがくる。そして、二言目には「結婚していますか」とか聞いてくる。
わしは30年近く映画日記を書いている。そのことで語り合うのは好きなんだけどね。プライベートなことしか聞いてこない人には申しわけないけど…。


『コーダ あいのうた』がよかった。少し、内容に触れてみる。
家族皆で漁をしている。両親と兄は耳が聞こえない。聾者だ。

主人公の少女だけが話せるのだ。いや、話せるだけじゃない。唄えるのだ。
高校の合唱部に入って、先生に才能を見出される。犬の発声を真似るのはいいね。

でも、少女ルビーは家族3人の生活をサポートしている。通訳だ。
コーダとは聴者の意味。いや、耳が聞こえない人に育てられた人のこと。
だから、家族のコミュニケーションは当然…手話になる。

家族と自分のユメの間で揺れ動く娘の気持ち。家族から娘への気持ち。

娘ルビーが唄うのを聞く時間。家族が…サイレント表現になる。無音。家族同志。たとえ聞こえなくても音楽は…気持ちは伝わるのだろうか。

明るく元気で感動的な映画だ。感動と快感。日本なら暗くて説教的になっただろうな。

監督はシアン・ヘダー。オリジナルはフランス映画で『エール!』というらしい。つまり、リメイクなのだ。ありがとう。エミリア・ジョーンズ。

両親と兄だが、実際に耳が聞こえない俳優が演じている。すばらしい映画だった。『コーダ あいのうた』はよかった。名作だね。

https://youtu.be/wvcOG4idn74

今度、あの手話を使ってみよう。

レジェバタ観るもエ~ガね

昨日は虫先生の命日だった。昔、1週間ほど…お手伝いしたことがあったんだよね。

今、雪が降ってるかと外を見た。何度も降りそうな日はあったけど…結局は降らなかった。今日はどうなるかな。



『レジェンド&バタフライ』のことを書いておこう。大友啓史の監督作。

正直、実は最初観て…戸惑ったんだ。こんな信長ってあるかなぁってね。合戦シーンがなかったし、エピソードがブツ切りだったからね。

でも、よく考えたら濃姫(帰蝶)側から見た信長なんだ。織田信長は監督で、プロデュサーが濃姫…かな。女性は合戦には行かないからね。

濃姫というのは美濃から来た姫ということらしい。本名? それくらい記録がないんだ。ならば、タイトルに合わせて帰蝶でよかったのにね。

わしの好きなヘルツォーク監督を思わせる場面もあった。荘厳で綺麗だったね。

戦国時代の夫婦の話。こんな戦国大名夫婦ってあるかなぁって思いながらも腑に落ちるものがあった。新鮮かもしれないってね。

主演のふたりはもちろんよかった。綾瀬はるかはホントすばらしい! 若いときはともかく、晩年の木村拓哉…ラストシーンの姿はバツグンだったね。まさにレジェタク。切なかった。

南蛮船が出てきたが、東北で実際につくった船だ。その昔、わしはマンガ仕事の関連でその地に行ってる。残ってたのか。映画に活かせてよかった。

でも、わしが一番感心したのは明智光秀。これはあり得るかもしれない。斬新。脚本の古沢良太がいいんだろうね。だけど、宮沢氷魚ってなんて読むんだろう。みぅおとか?

大ヒットしたら手塚治社長が喜ぶだろうな。
3時間近くあって長かった? まったくわしには長い時間は感じなかったな。

https://youtu.be/n2bm0GZu8sQ

鑑賞記念にとち袋をもらった。ぽち袋かな。「織田ちん」というヤツ。これ、ほしかったんだよぉ。
画像をインスタグラムnekonekogに載せておこう。


キラーカブトガニがB級でもエーガニ

モンスターパニック? 『キラーカブトガニ』という奇妙でおもしろいのを観た。

舞台はカリフォルニアの海辺の街。放射能の影響で突然変異したカブトガニが襲ってくるのだ。

ボンクラなB級映画だが、いい感じだ。笑える。映画愛が感じられる。

監督はピアーズ・ベロルツハイマーという人で、これが初めての監督作。6年かけてつくったらしい。

日本の怪獣映画が大好きだったんだろうな。『ジョーズ』や『グレムリン』とかも思い出すね。

次は何をつくるんだろう。この監督の名前を憶えておこう。

[新宿シネマカリテ]は奇妙な映画をやってる。また行ってみよう。

https://youtu.be/Woz4K-ceL-c

友人Tを思い出す。彼が大好きそうな映画だったな。

立ち向かうノースマンがエ~ガス

山の中にあるスナックに行った。下駄を履いていたのだがなくしてしまい…わしはそれを探して山の中を歩いている。
という…どうでもいい夢を見た。わしの夢にはいつも山が出る。どこか幻想的だ。


『ノースマン 導かれし復讐者』のことを書いておこう。ヴァイキングの復讐劇だ。

ロバート・エガース(エーガスじゃないよ)の監督作。主演はアレクサンダー・スカルスガルドだが、プロデューサーも兼ねている。

重厚な映像がいい。ヴァイキングといえば料理や遊園地くらいしか知らなかったが、こういうダークな話があったんだな。史劇を思い出す。

長身のアレクサンダー・スカルスガルドが獣のように蠢く。父王の仇を追うのだ。もしかすると、彼はヴァイキングの血をひいてるのかもしれない。

女奴隷役のアニャ・テイラー=ジョイもよかった。同監督の『ウイッチ』の女優だ。魔性の人かもね。
まるでミステリーのよう。何だか皆が…夢の中の人、いや夢の向こうの世界みたいだった。

https://youtu.be/PjxW5vSHAFk

プロフィール

ネコタル爺

Author:ネコタル爺
FC2ブログへようこそ!
ネコ爺ことネコタル爺の高峰 至です。

http://neko.a.la9.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR