fc2ブログ

愚かなるものたちがエーガね 

女性とはいかなるものか。
『愚かなるものたち』はダークなファンタジーだった。








ゴールデンカムイがエーガね

『ゴールデンカムイ』を観た。アクション映画としてよかった。アイヌ民族もちゃんと描いてる。

た、ただ、これってパート1じゃんかよぉ。タイトルそうなってたっけ?

原作はまったく読んでなかったが、始まり部分らしい。

最近は何か…そういう映画が多いねぇ。

壮大な予告編かもね。そう思って観れば、とてもおもしろい。

野田サトルの原作マンガ31巻の3巻分。埋蔵金を巡るバトルの始まりだ。映画はどこまでつづくだろう。

監督/久保茂昭。主演/山崎賢人&山田杏奈。出演者が皆、いいね。個人的にはアイヌ娘のアシリパ(アイヌ語の未来)が気に入った。トリカブトの弓矢を構える姿が凛々しくていい。

https://youtu.be/JfQLBf2dL80

わしは子どものころ、日本に先住民族がいたことを知り、アイヌのことを調べた。アイヌの埋蔵金を巡るラジオドラマも聞いていた。もしかすると、原作者もそうだったのかもしれない。60年も前だが。

かつて、蝦夷(えみし)と呼ばれるアイヌ系民族は関東近くまでいて…富士山のフジもアイヌ語が元だという。日本の大元だが、真相は知らない。

明治以前の日本にはナゾが多い。山の民の山窩(さんか)とかね。誰か教えてほしい。とはいっても、これは映画『ゴールデンカムイ』とは関係ないが。

PERFECT DAYSが退屈でもエーガね

ヴィム・ヴェンダース監督の『PERFECT DAYS』を観た。ドイツ人なのに日本人よりも日本人らしい。『ベルリン・天使の詩』の監督だ。

「これのどこがPERFECT DAYだ!」と怒ってる若者がいた。その気持ちもわかる。想像力がいるよね。

初老のおじさんが東京…渋谷だかの街の便所掃除をする。いわば、それだけの映画だ。若い人には退屈だろうな。

でも、人の思いは人の心に伝わる。わしの心には沁みてきた。深い。優しく静かで…そう、心地がいいのだ。

役所広司が演じる…平山という掃除人。満足そうで幸せそうで…木漏れ日のように輝いてる。

悲喜こもごも。毎日同じようでも違うんだよね。わしも…こんなふうに生きたいな。

https://youtu.be/HTgWYojq-z8?si=3okJpVF56W5kf5Bm

心のしこりも大事にしたいよね。

映画に出てた幸田文の「木」を読んでみよう。

カーステから流れるカセットテープの音楽もいい。

小さな幸せ、小さな微笑み…。温かく流れる時と共に…。

怒っていた若者も…いつかこの映画の素晴らしさに気づいてくれるだろうか。

首に首ったけになるもエ-ガね

北野武監督の『首』を観たのは公開初日。2度目を観たのが昨日。

印象がずいぶん違った。初回はごちゃごちゃと散漫に感じたが、2度目は楽しめた。

わしも荒木村重には興味があった。確か、彼の子息は浮世絵の源流をつくったんだよね。

仕える相手に命をかける。その上での男色。騙し合い、殺し合い。いやはやって感じなのだ。

しかし、初回にあったあのシーンが2度目にはなかった。劇場は別だが…なかった。どういうことだ?
見逃したということはない、はずだ。男性同士のキスシーンのこと。削ったんだろうか。誰か教えてほしい。

2度目はそれほどでもなかったが、斬首シーンには正直…驚いた。何度も出てくるのだ。

北野武監督らしい映画だった。でも、映画そのものは賛否両論みたいだね。
ちょっと悪乗り気味だけど、わしはおもしろいと思ったけどね。

https://youtu.be/vcGZ8m7tqDI?si=1m0HolN7PydHgLNL


プロフィール

ネコタル爺

Author:ネコタル爺
FC2ブログへようこそ!
ネコ爺ことネコタル爺の高峰 至です。

http://neko.a.la9.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR