天使のくれた時間が素晴らしくてもエ〜ガね

クリスマスになると思い出す映画がある。ブレット・ラトナー監督の『天使のくれた時間』という作品…。

https://www.youtube.com/watch?v=x8qvKa_7GLA
https://www.youtube.com/watch?v=1T9_RFSSjOU

人は誰でも、「あのとき、違う人生を選んでいたら?」と思うことがありますよね。この映画はそういうテーマで描かれた…いわば家族ファンタジーで、主演はニコラス・ケイジ。相手役はティア・レオーニでした。

なぜ、クリスマスになると思い出すのかといえば、ディケンズの「クリスマス・キャロル」をモチーフにしてるんじゃないかと思っていたから…。実際は『素晴らしき哉、人生』がモチーフらしいんですけどね。

ウォール街で大成功を収めた独身の主人公ジャック(ニコラス・ケイジ)。あるとき、彼が…黒人青年に対して、自慢だかイヤミをいう。実はその黒人は天使だか神さまで、そんなジャックにイジワル(?)をするのです。

ある朝、ジャックが目覚めたら…突然目の前に、妻がいて子どもがふたりもいる。家庭があるのです。晴天のヘキレキ。キョーテンドーチですよ。
天使だか神さまだかが、ジャックを「あのとき、違う人生を選んでいたら? もし、あのとき結婚していたら?」の別の人生のほうに飛ばしてしまったわけですな。

元の世界に戻れないので、ジャックは仕方なく夫や父親を演じようとする。妻は何とかゴマカせたものの…子どもには通じない。「パパに似てるけど、ホントじゃないよね。宇宙人でしょ。ママには秘密にしといてあげる」とか、娘にいわれる。

主人公のジャックは何としても、大成功していた元の世界に戻りたい。
しかし、だんだんと…自分が今いる世界が素晴らしいと思えるようになっていく…。
そう思えたとき、娘が「ホントのパパだ!」とかって叫ぶ。英語のセリフでは「ホントのパパが戻ってくると私は信じてた」みたいなニュアンスでしたね。

とにかく、わしはこの映画が大好きなのです。
ま、わしもいろいろあって…忘れられない作品なのでした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタル爺

Author:ネコタル爺
FC2ブログへようこそ!
ネコ爺ことネコタル爺の高峰 至です。

http://neko.a.la9.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR