fc2ブログ

ジョーカーに衝撃を受けるもエ~ガね

ガツンと来た。衝撃を受けて…しばらく、ウダウダ日記を書くことができなかった。トッド・フィリップス監督の『ジョーカー』のことだ。

https://youtu.be/C3nQcMM5fS4

その衝撃は…そう、大昔に観たスタンリー・キューブリック監督の『時計じかけのオレンジ』に近い。魂に突き刺さる。刺さった心のトゲはながい間抜けない。
心理学でいうところのペルソナ…。連想ゲームのように、『Vフォー・ヴェンデッタ』という映画も思い出した。もちろん、『ダークナイト』も…。

映画が映画だった時代。というとクレームが来るかもしれない。
でも、最近の派手なヒーロー映画とかを観ていると…映画というよりアトラクションに近いと感じてしまう。「あぁ、おもしろかった。で、何を観たんだっけ?」ということがよくある。
映画の役割が違ってきてるんだろうな。実写とアニメの境界線がなくなりつつある。ばかりか、ゲームとの境もあいまいになってきている気がする。

もしかすると、そういうことへのアンチテーゼとして『ジョーカー』はつくられたんだろうか。
「バットマン」の悪役ジョーカーがいかにして生まれたか。心やさしく底知れぬほど孤独なアーサーが…いかにしてジョーカーに変貌していったか。
内容は映画としてのオリジナルだが、キャラを借り、この設定を使うために製作費の多くをDCコミックス側に支払ったと聞く。

アーサー=ジョーカーを演じるのがホアキン・フェニックスだ。アカデミー賞の主演男優賞ものだろう。体重を24キロだか落として撮影に挑んだというがまさに狂気だ。映画は…アーサーが何を感じ、どう思ったかをセリフに頼らず伝えてくれる。
かつて、兄弟のリバー・フェニックスから「こんな俳優になれ」とロバート・デ・ニーロ主演の映画を見せられたという。今作では、そのデ・ニーロと共演している。

最近は平気でながい映画がつくられるが、『ジョーカー』は2時間。そういうところも、映画が映画だった時代を意識しているのかもしれない。
おもしろくて、哀しくて、美しい。映画好きの…映画がわかっている人向きの本物の映画だろう。何でもないシーンが怖い。トッド・フィリップス監督に拍手。ヒドゥル・グドナドッティルの音楽も不穏で心に響く。

ただ、無敵感というのかな。自意識の暴走? 自分にはもう何も失うものはない。だから何でもできる…という怖さ。そこが問題だ。
映画表現だということがわかっていない若い人が観ると…その部分だけの影響を受けてしまうかもしれない。映画と現実をゴッチャにするかもしれない。
優れた作品には毒がある。でも、配慮は必要だろう。だから、むやみに「よかった。観たほうがいいよ」という気にはなれない。

ジョーカーは自分を不当に扱う者には容赦をしない。映画の時代設定は少し昔だが、現代社会が生み出した狂気…と深読みさせる。これぞ映画! でも、映画を観て幸せになりたいってタイプの人には向かないかもね。ゲシュタルトの崩壊というか…気が滅入るかもしれない。

人生は悲劇か喜劇か。怖い映画だ。でも、最高の映画だと思う。

実はさりげなく『バットマン』につながっている。わかる人にはわかる。そこがニクい。
昨今はヒットすると続編がつくられるが、この『ジョーカー』にそれはないだろうな。


コメントの投稿

非公開コメント

私と同じ

観ろ、観ろと言われてやっと先週銀座の映画館で観てきた
がらがらだったしおばちゃんやらお兄さんやら視聴者層は様々だった
まず第一に冒頭の相談職、あれは何?全く共感力がないただ自分の話すことだけ話して聞くことだけ聞いてアーサーが聞いてもらいたいことに耳を傾けない全く共感力のない無能な相談職だ。振り子の法則を知らないのか、人は自分の言うことを聞いてもらった分だけ相手の言うことが聞けるのだ。決して立て板に水のごとく流暢に話すから聞いてもらえる訳ではないのだ。
次、コメディアン志望が拳銃持ってはいけない、これは大原則
そこが間違いのもと相棒の杉下右京や古畑任三郎は拳銃を持たないけど解決して行く、その姿勢が大切であるのに。
そもそもアーサーは顔が怖いとてもコメディアン向きの顔ではない、職業選択を誤ったように思う、どうみてもマジンガーZのドクターヘルの顔だ、あの電車で3人を射殺した後の顔が、なんとも清々しい顔をしていたことか、自分の本性に合った行為なんだなって思えた。脳に器質的障害があるから日本にいたら
有能な社会福祉士により適切な治療と年金など受けられただろうにと気の毒な人ではあると思う。出てくる人が皆共感力がない、トイレでアーサーの言うことを頭ごなしに否定して殴って行く、って愚の骨頂だ、殴ってすっきりして帰るけどそこには憎しみしか生まれない。アーサーの日常は母と一緒の生活だが自分の生活とオーバーラップしてみるのが辛いし救急搬送のシーンなどをみると、自分も何度も救急搬送したことが思い返される。アーサーが自らの手で母を窒息死させるけど、自分も同じだ、合法的に病院に入れたけどやってることはアーサーと同じだ。一生背負って行くことに…
アーサーは3人殺して母を殺して今までの呪縛から解き放された。人生を楽しんでいる、自分の本来の内的エネルギーを解放できている。ジョーカーが誕生した瞬間だ。自分を抑制していた薬も止めたし。パトカーのフロントの上で彼は絶頂に達した、大勢の支持者に囲まれて、まるで演説に陶酔するアドルフヒットラーのようにみえた。自分の居場所を見つけたという感じだ。私にはとてもすっきりした、ハツピーエンドだと思えた。自分もこれから自分を解き放して行こうって決意できた。
そもそも社会のルールはルールを作った者が自分に都合のいいように決めるものだ。あえて禁止用語を使うがキチガイの基準は何?電車の3人の場面では最初は3人がキチガイでアーサーが正常であるとしか見えない、でも昼には3人が正常でアーサーがキチガイ扱いされる。アーサーの手にもった看板を奪っていったガキどももキチガイじゃないか、そのキチガイどもに会わなければ今もアーサーはピエロだったかもしれない、会ったためにジョーカーになってしまった。このように正常とキチガイのボーダーは見る人によった違うものだと。
最後に収用施設での相談職とのシーン、この者も共感力が無いなって、キット話を聞いているふりをしていれば飯が食えるからやってるんだなって、思い出すのは心理学の先生が言っていた心理学で人の心は解らない、人の心を解りたいなら文学や哲学を読みなさいって、じゃあ心理学はなんのためにあるのか、それは心理学をするものが飯を食うためにあるのだって、そこで気がついた、職員からあの人人の心が解らない臨床心理士ねって陰口を叩かれている話を聞いて納得がいった。
アーサーに栄光在れ。


グレートカッパに栄光あれ!

貴重なご意見、ありがとうございました。さすがの正論でした。
映画製作者もこの映画によって犯罪が誘発されることに不安があったようですが、影響を与えたのは踊りながら階段を下りるアーサーに対してだったようで…わしも安堵しました。

プロフィール

ネコタル爺

Author:ネコタル爺
FC2ブログへようこそ!
ネコ爺ことネコタル爺の高峰 至です。

http://neko.a.la9.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR