FC2ブログ

ジュラシック・ワールドに行くもエ~ガね

西の地方が豪雨で大変なことになっている。きょうだいや親戚は大丈夫なようだが…たくさんの人が亡くなった。
連日…暑い。朝から30度ある。熱いという表現のほうがいいくらい。

https://youtu.be/x2Knk5eIHx0

公開初日に『ジュラシック・ワールド 炎の王国』を観た。
ハラハラドキドキ。少しビビッた。おもしろかった。気持ち的に重くなっていたので、気分転換にピッタリだった。3DやIMAXとかで観ればモア・ベターじゃないかな。
4DXもある? 何だろう。映画がアトラクション化していくのはどうかと思うが、一度は観てみたいものだ。

スピルバーグ監督の『ジュラシック・パーク』を観たのが25年前。「ホンモノの恐竜だ」と思ったものだった。
そのジュラシック・シリーズの5作目が今度の『ジュラシック・ワールド 炎の王国』で、ワールド3部作でいえば2作目だと思う。“ブルー”という、主人公に懐いているラプトルが出てくるバージョンだ。

いつも人間の過信とか驕りで人間自身がひどい目にあう。1作目では、自然界をレイプする行為だというセリフもあった。今回は火山が絡むものの…いわばそのパターン。今まで観たのが頭の中でゴッチャになってるので、間違ってたらゴカンベン。

琥珀内の恐竜DNA(不足分はカエルのDNA)によって、ジュラ紀の恐竜を現代に蘇らせたスピルバーグ監督の1作目『ジュラシック・パーク』。だが、実はCGの場面は決して多くない。というか、CGはまだこれからという開発期だった。CG場面はおそらく数分だったと思う。

この25年でCGはものすごく進歩した。何でもできる。すごい。あ、でも、今作のメインはアニマトロ二クスかもしれない。1作目もそうだったし…そこをうまく使い分けていた。ハッタリというか、そこがスピルバーグの演出のうまさなんだろうな。

ともかく、おもしろさという点では1作目のほうが上かもしれないが、今作も負けてはいない気がする。というか、1作目を踏襲している。今作はあえて原点に戻したようなところも随所にあった。

わしはフアン・アントニオ・バヨナ監督の『怪物はささやく』というファンタジー映画が好きだった。そのバヨナ監督だから今回の『ジュラシック・ワールド 炎の王国』に期待したのだ。
人物描写がサラッとしてたというか、たとえば後半の女の子では遠慮してるかなとも思った。けど、おもしろかった。たのしめた。わるくない。映画館で観てよかった。

ただ、観終わって…でもねぇと思った。
エンディングロールのあとに1シーンがある。ご注意。そう…。次につづくわけだ。
ワールド3部作のしめくくりは最初のコリン・トレボロウ監督に戻るようだ。バヨナ監督は中継ぎだったわけだな。ワールド3部作の2作目だから仕方ないけど、そこがちょっとモッタイナイというか…思うところはあったなぁ。

今作は3部作の真ん中だから仕方ないけど、ときどき「つづきがあるかもよ」みたいにして逃げる映画がある。イライラする。
ラプトルを兵器にという話は最初からあったので、次はその線でまとめるのだろうか。もしかして、さらに後の監督が“恐竜の惑星”になるまでつづけるとか? 
あぁ、何かキリがないって感じ…。 


もちろん、怪獣と恐竜はまったく違うけど、広い意味ではどこか似たようなもんだ。最近…そういう映画が多すぎる気がするなぁ。
あ、わしがそういうのばっかり観てるってことだったりして(笑)。


映画は目が疲れる。目薬をさしたら…お湯になっていた。“炎の日本列島”だ。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ネコタル爺

Author:ネコタル爺
FC2ブログへようこそ!
ネコ爺ことネコタル爺の高峰 至です。

http://neko.a.la9.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR