FC2ブログ

向日葵の丘を考えるもエ~ガね

映画(DVD)を観るキッカケはいろいろだ。人からいわれて観ることもある。それが今回だ。
若い人から「とても感動した映画があるので、観て感想を聞かせてほしい」といわれた。それが太田隆文監督の『向日葵の丘 1983年・夏』だった。

ゆったりと時が流れる。ノスタルジックなものを感じた。現代からスタートして…1983年に戻る。女子高生3人組の話だ。

https://youtu.be/ToWovCB-IIQ

驚いたのは…この映画に若い人が感動し、共感したということ。わしには若者向けの映画とは思えなかったから…。思い違いだったらうれしい。

あのころは夢があったね。今はこうだね。時の流れは儚い…。そんなことを考えた。
時代の忘れ物とでもいうのか…現代の激しい時の流れの中に、取り残された若者がいるのかもしれないと思った。もしかすると、そういう若者は想像より多いのかもしれない。

映画が大好きな女子高生3人組…。溢れるほどの映画愛。彼女らは文化祭のために映画をつくる。
長尺すぎる気がするし、のどかというか地味だし、ストーリーだって紋切型だろう。
でも、しみじみと…そこには熱い時が流れていた。

そして、今の3人…。たかこ、みどり、エリカ。
生も死も、すべてを包み込む愛おしい時間。涙が出るほど愛おしい。

ふと、子どものころの“日光写真”を思い出した。もっと我慢すればいいのに、いつもピンボケだった。あのピンボケ写真には何が写っていたんだろう。大昔の…何十年も過ぎた今でもそんなことを思うことがある。

最近の映画は忙しくてゴチャゴチャ情報がいっぱいで、考える時間さえも与えてくれない。その点、この映画はふり返り考えることの大切さを教えてくれたし、その時間を与えてくれた。

経済大国になった日本。取り残されたもの。その先の不安。
忘れ物の大切さ…。忘れ物の中にある心こそ、忘れてはならない温かく大切なもの。映画はそれを伝えようとしているんだろうなと思った。信条が近いということはおそらく、太田監督はわしと同世代なのだろう。

青春映画というより、青秋映画だと感じた。わしのイメージ。
象徴的に夏のヒマワリ畑が出てくるわけだけど…。


大好きな『ニュー・シネマ・パラダイス』を思い出したりもした。宝物のような映画。ただ、この映画にしても30分以上長いディレクターズカット版は好きではない。監督の思い入れが強すぎるからだろう。


コメントの投稿

非公開コメント

No title

ほう、青春映画というより、青秋映画ですか。
で、「青秋」とは、どんな意味ですか?

青秋

コメントありがとうございます。
青年の春が青春なら…壮年の春は壮春。あるいは春というよりは秋。
失礼しました。ニュアンスで受け取っていただければと思います。個人的に映画から受けた印象ですから…。
プロフィール

ネコタル爺

Author:ネコタル爺
FC2ブログへようこそ!
ネコ爺ことネコタル爺の高峰 至です。

http://neko.a.la9.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR