fc2ブログ

プラン75が辛くてもエーガね

目が見えない人を援護した。同行援護というのかな。
駅で迷っている全盲の女性がいたので、「案内しましょうか」と声をかけたのだ。偶然、わしと行先駅が同じだった。しばらく一緒で、電車内で真っ黒い画面のスマホや盲人用のパソコンを操作するのを見てた。


さて、『プラン75』の話をしよう。正確には『PLAN75』だね。脚本・監督は早川千絵。
この映画のポスターを見たとき、75というのが年齢だろうと気づいた。だから、暗そう…と思って敬遠したのだ。

DVDで観たのだが、想像通りだった。75歳になったら自分で死ぬことを選べる。満75歳は生死の選択権のとき。国会で可決・施行されたのだ。それがプラン75。近未来の話だ。

主人公の角谷ミチ(倍賞千恵子)は78歳。仕事も身寄りも住む場所さえもなくなりそうになり、プラン75が頭に浮かぶのだ。
映画は観る人に、「あなたは是ですか? 非ですか?」と問いかける。
少子高齢化の日本。これは近い将来、起こり得る話だろう。

昔…若いときに観たSF『ソイレント・グリーン』を思い出した。
爆発的な人口増加。そのためにつくられた合成食品ソイレント・グリーンにまつわる話だった。

観たのが若いときだったので、身につまされる…というほどではなかった。
が、『プラン75』はわしの今の年齢もあって身につまされる。絵空事ではない。出演者もほとんど高齢者で…ツライね。
もちろん、若い人も出てくる。映画としては彼らこそが大事なんだろうな。

死というのは生と同じくらい重い。過去がある分、死は重要になるよね。
誰しも、自分の意思で生きていかねばならないのだ。
あとは…観て考えてもらいたい。覚悟もいるだろうけど。


目が見えない人の話だが、目的駅から乗り換えまでを案内した。
「ここまでで大丈夫です。ありがとうございました」と彼女は階段を下りていった。当然、振り返ることはなかった。
彼女が触れていたわしの肘の温かみが…やさしさというか、役に立ててよかったという思いに沁みた。
今日はいい日だな、とそんな気分だったのだ。

https://youtu.be/NzECEkX0fAM


トイレのピエタに哭くもエーガね


トイレのピエタ…この言葉は昔、手塚治虫先生の病床日記のラストページに見つけた。ほとんど遺書だ。

『トイレのピエタ』のDVDを見たとき…それは偶然の一致(もしくは無断借用)だと思った。
普通の青春映画みたいだったからだ。画家を目指していた役の野田洋次郎。女子高生役に杉咲花。

偶然ではなかった…。病床の構成メモから映画をつくってたんだ。
小さな文字で“原案・手塚治虫”と書いてあったのだ。今まで知らなかった。

静かで心に刺さる映画だ。セリフに頼らず、よくできてる。地味だけど、ドキュメンタリーみたいでいい。
熱意と才能を感じた。気に入った。

脚本・監督は松永大司…。わしはこの監督の名前すらも知らなかった。
これから、この新人監督の作品をしっかりと観ていきたい。

今、静かに…そう思う。

https://youtu.be/ALu12sWr3Rs

閉鎖病棟での朝もエ~ガね

この映画には泣けた。『閉鎖病棟』という。2019年作品。おそらく、実話がベースにあるんだろう。

とある精神科の病院。そこに、死刑執行に失敗して生きながらえた梶木秀丸がいる。事情のない人はいない。それぞれに問題を抱えている人たちばかりだ。

こういう現実があるんだな。厳しい…いや、優しい映画だった。わしは勇気をもらった。

帚木蓬生/原作。平山秀幸/監督。笑福亭鶴瓶。小松菜奈。綾野剛。渋川清彦。小林聡美…。
タイトルには“それぞれの朝”とサブタイトルがあった。監督が付けたんだろうな。

https://youtu.be/DFTMDcD2BOE

想いはたくさんあるが…言葉が出てこない。


赤ひげに泣かされるもエ〜ガね

小石川後楽園とかいう庭園に行くことになったんです。そこは昔、『赤ひげ』の小石川療養所があった場所…だと思ったんですよ。でもどうやら、わしの勘違い。小石川療養所は今の小石川植物園で…東大がある場所ですね。
というわけで、今回は『赤ひげ』なのです。

https://www.youtube.com/watch?v=3gG5NYKZ40A

娯楽作として単純におもしろさでいえば、確かに『用心棒』や『椿三十郎』などが上かもしれません。あるいは『スターウォーズ』の元となった『隠し砦の三悪人』とかね。でも、質といいますか…完成度としては『赤ひげ』のほうが上だと思うし、この映画はわしの一番好きな黒澤作品なのです。

原作は山本周五郎の「赤ひげ診療譚」。脚本は井手雅人、小国英雄、菊島隆三、そして黒澤明。ここに橋本忍が参画していないのが残念ですが、ベストの黒澤組シナリオチームでしょう。
基本的に3つの話で構成されていますが、誰がどこという分担があったのでしょうか。ご存じの人は教えてください。
美術は村木与四郎。音楽は佐藤勝。撮影が中井朝一と斎藤孝雄です。それぞれのみごとな職人技が、黒澤監督によってバランスよくひとつになっていると思います。

“死”が荘厳ならば、“生”もまた同じ。“死”の映画でありながら、実は“生”の映画です。強く、やさしく、温かく、しかもユーモアも交えて前向きのエネルギーが伝わってきます。そこが好きです。

その昔、黒澤明監督を使ったテレビCMで、「天使のように大胆に。悪魔のように細心に」というのがありました。これは黒澤映画の本質をよく表していますね。

さすがは黒澤監督の演出なのです。『赤ひげ』の静と動のメリハリがいい。光と影のコントラストがいい。モノクロ画面が美しい。エンターティメント、芸術性、テーマやメッセージ性など、それらのバランスがいい。わしは『赤ひげ』のそこが好きです。立派すぎるというか…185分がちょっと長尺かなとは思いますけどね。

わしは黒澤映画で泣くことはないのですが、この映画だけは何度観ても同じところで泣いてしまう。おとよに泣かされるのです。いえ、悲しくてではなくて、うれしくて…です。感動する。すばらしい…黒澤映画の集大成ですね。
おとよと仲良しになるのが長坊です。彼は次の『どですかでん』の主役です。のちに東宝でフランケンシュタインの役を演じたり(勘違い?)とか、『乱』ではエキストラまでしているという噂を聞きました。そうして、晩年の監督を支えていたんですね。

蘭方医学を学んだ若い医師を演じるのが加山雄三で…彼の出番の順に撮影している。映画は彼の成長をも描いているわけですが、その許嫁が「白馬のルンナ」の名曲(!?)で有名な内藤洋子です。いやぁ、実に清楚で美しい。
そして、何といっても三船敏郎の“赤ひげ”役が見事なのです。役者としても、三船敏郎の集大成でしょう。実際、この映画が最後の黒澤映画出演になりましたしね。

とにかく、まだ観たことのない人は…是非とも観てほしいものです。黒澤映画はあまり女性に人気がないような気もしますが、この映画は特に女性向きかもしれませんよ。

デビュー作からの黒澤映画全30作の観賞を登山の稜線歩きにたとえれば『赤ひげ』が最後のピークで、それからあとの作品…『どですかでん』『デルス・ウザーラ』『影武者』『乱』『八月の狂詩曲』『夢』『まあだだよ』は下山コースになるのではないでしょうか。
上高地から穂高の稜線に取りつく。最初の西穂は『姿三四郎』です。奥穂高など、雄々しい魅惑の穂高連山のピーク歩きをして…ついに槍に到達。槍ヶ岳が『赤ひげ』です。そこからは表銀座コースを下山ルートにして、穂高の山々を振り返りながら歩くのです。表銀座コースは美しい。穂高の岩峰は何度観ても…飽きることはありません。

https://www.youtube.com/watch?v=agGgFkq-uMA

ところでまったくの余談ですが、手塚先生の「B・J」は…この『赤ひげ』の影響も受けてるんじゃないかとわしは思っているんですけどね。天才は天才を知るということでしょうか。 マンガといえば、『乱』では…白土三平の「赤目」に似ているシーンがありました。
無からは何も生まれない。それぞれにいろいろと影響し合っているのかもしれませんね。

生きるに感謝もエ〜ガね

ブランコに揺られながら…志村喬が「ゴンドラの唄」を唄っていた。黒澤作品の『生きる』の話。この歌は…NHK朝ドラの「マッサン」主演のシャーロットがCDを出して、そこでも唄われているそうですね。♪いのぉ〜ちぃみじぃかぁしぃ〜♪っていうあれです。

https://www.youtube.com/watch?v=FXX0RpALVbA

わしは黒澤映画が大好きなので、当然…すべての作品を観ています。
この『生きる』は黒澤明監督の1952年の作品で、真面目な市役所職員の主人公(志村喬)がガンを宣告され、これまでの事なかれ主義を反省して一念発起する話。
自身の病気を知った主人公はフラフラと街を彷徨い、飲み屋で知り合った小説家と飲み歩き…事務員(小田切みき)の話を聞き、彼女の生き生きとした姿に感銘を受けたりもする。彼の命を賭した働きによって公園ができて…そこのブランコに揺られながら唄うのが「ゴンドラの唄」でした。

人間が死を宣告されて死ぬまでどう生きるか。どう生き甲斐を見つけるか。それを描いていたのが『生きる』でしたね。
そんな古い映画をいわれてもわかんねぇよ…ってことなら、たとえば『日々ロック』はどうでしょう。命を見つめるということでは同じでしょう。

どうして『生きる』のことを書く気になったかといえば、実は…先日亡くなった今井雅之(敬称略ゴメン)のことを考えていたからです。
彼が生前、「どういうときに生きている喜びを感じるか」という問いに、「公園を散歩して太陽を浴びるとき」と応えていた。その気持ちはとてもわかる。わしも同じように感じたからです。生きている、生かされていると…。

彼ほどの重症ではなかったから…わしは今、こうして生きている。
でも、同じ大腸ガンで…生まれて初めての手術をしました。術後の麻酔が切れてからは…悶絶状態でした。そのときに思い出したのが『ジョニーは戦場へ行った』だったのです。意識が戻ってからは…毎朝、2時くらいには目覚めて…太陽が昇るまで病室の窓から見つめていたものです。

それより前に、わしは喘息の持病があるため…麻酔科が手術を許可しなくて大変だったんですよ。あやうく、『アウェイク』だったかもしれません。
そういえば、友人のNさんが「全身麻酔で目覚めなかったら一番ラクな死に方だ」なんていってましたっけ。

いや、それ以前に、保険の解約をした直後に病気がわかったのです。何というタイミング。費用面でどうしようかと思いましたよ。いくらかかるのか、まるで見当もつかなかった。手術はもちろん、入院の経験すらもなかったからです。

このまま放っておくと…あと3年くらいで死ぬのかなと思いました。
わしはまだ何もしていない。今、死ぬわけにはいかないって思いましたよ。
結局、わしを支えてくれたのは…きょうだいや身内や友人たち。助けられました。そのときの感謝の気持ち…。わしは言葉を知らないので、そのときの感謝以上の気持ちをどういえばいいのかわからない。人の温かさには涙が出る。『ペイ・フォワード 可能の王国』じゃないけど、その思いを誰に対しても返していきたいと思っています。人の役に立ってこその人生…。
それがわしの生きる道だろうと…。

わしが映画日記を書こうと思ったのは…そういう感謝の気持ちがベースになっています。



今回のBGMは河島英五の「竜馬のように」でしょうか。
ところで、『生きる』は結論から入るという構成でした。トルストイの「イワン・イリッチの死」と、寺田寅彦の「団栗」がヒントになっているようです。


プロフィール

ネコタル爺

Author:ネコタル爺
FC2ブログへようこそ!
ネコ爺ことネコタル爺の高峰 至です。

http://neko.a.la9.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR