レディ・プレイヤー1に呆れるもエ~ガね

スピルバーグ監督の『レディ・プレイヤー1』を観た。オタクの祭典!? ゲームと映画の融合? すごかった。呆れた。呆れるほどにすごかった。

https://youtu.be/BlTCXShunpI

30年ほど先の未来。ある意味、現実以上になったバーチャルリアリティの世界を描く。その世界が“オアシス”だ。
キャメロン監督の『アバター』とは少し違うが、『レディ・プレイヤー1』でも主人公たちは現実とバーチャルの世界を行ったりきたりする。ゴーグルひとつで…。
同種といえる映画には『エンダーのゲーム』もあったかな。

『レディ・プレイヤー1』の原作は「自分の好きな1980年代のポップカルチャーをすべて入れたかった」というアーネスト・クラインの「ゲームウォーズ」。
だから、当時のポップカルチャーが絡む。スピルバーグ監督好みのも絡む。まばたきしている暇がない。ポップカルチャーへの謳歌。オマージュやパロディや知的財産がてんこ盛りであふれ出す。

キューブリック監督の『シャイニング』が出てきたときには思わずニンマリ。原作者のスティーヴン・キングは映画が気に入ってなかったとか、そういうオタク知識超満載。
『アイアン・ジャイアント』が出てきたのもうれしかったな。ガレージの中やあれもこれも…。

わしだって結構詳しいほうだと思うが、多分…半分くらいしか認識できなかった。一瞬通りすぎた今のはもしかして…みたいな。あと数回、映画を観るしかない。次は吹き替えで。いや、それでも観逃すだろうから、DVDを買って静止しながら確認するしかない。
いやはや、スピルバーグ監督は…何てすごい映画をつくったんだ。呆れてしまう。

思い起こせば、わしはスティーブン・スピルバーグ監督のデビュー作からリアルタイムで観てきた。彼が25歳でつくった『激突』はもともとテレビ映画だから公開時に観たかは微妙だが、とにかくほとんどすべての作品をリアルタイムで観ている。

熱心に観つづけてきたのは、単に好みというだけではなく、彼が黒澤明監督の弟子を自認してたことも大きいかもしれない。
黒澤映画といえば、ひとりのキャラのアバターは鎧武者姿の三船敏郎じゃないか。と、こんなふうに書き出すとキリがない。あのキャラもこのキャラも…。

“オアシス”のバーチャルリアリティの世界はホントにすごいが、スピルバーグ監督はアナログ時代の人だから現実世界も描き、そこに落とし込んでくれる。バーチャル世界に逃げてるだけじゃダメだよ、といってる気がする。だから、すごくおもしろかったというだけでなく、わしはそこにすごく安心感を持った。そこが好みの分かれるところかもしれないけど…。

それにしても、映画という表現はすごいところに来てしまったもんだ。
表現技術が変われば当然、内容も変わる。昔は映像から想像することを求められた。今は受け止めることを求められる。多分、昔の映画のような感動を求めてはいけないのだ。

360度画面に飛び交うホログラム登場人物。家に帰れば、人間の知能を超えたAIのホログラム奥さん。そんな日も近いかもね。わしらはすごい…おもしろい時代に生きているようだ。

スターウォーズ 最後のジェダイを観て疲れてもエ~ガね

『スターウォーズ/最後のジェダイ』を観た。ライアン・ジョンソン監督作品。長くて内容がギュッと詰まった忙しい映画だった。
とてもおもしろい凄い映画という印象だが、頭に残っているものはと考えると…焼きポーグだったりする(笑)。いや、ネタばらしはやめておこう。

https://youtu.be/5AiJbpLBst0

ポーグは脇でチョコマカしてる鳥みたいなかわいいキャラ。気に入った。

さて、メインのキャラたちはと思い出すと…それぞれに見せ場があり、もう全編がクライマックスのようだった。
盛りだくさんの大サービス。昔の『SW』を思い出させる場面もたくさんあり、ニンマリさせられる。ただ、誰が主人公? レイじゃなかったの…という気持ちにもなった。

たとえれば…デパートの高級品売り場で商品を観ていたら、右から店員が別の商品を見せる。と思ったら、左からも店員が別の商品を見せる。陳列高級商品がいっぱい。そんな感じだった。
情報がいっぱい詰め込まれていて、理解しきれていないうちにどんどんすごい速さで次へ進んでしまう。同時進行だったりするから頭の中がパンパンになるのだ。感動しているヒマなどない(笑)。せわしない。飽きることなく観たけど疲れた…。2時間半だからね。

1作ごとに監督を分けて競わせる。なるほどねと思う。
今作は7と9をつなぐエピソード8だからこうなるのもわかる。エピソード9をつくりやすいようにするための配慮もあるのかな。でも、もう少しドッシリ落ち着いて絞ってもよかったのでは? 

どこか、説明っぽいスピンオフ的になっているとも感じた。というか、逆にスピンオフの『ローグ・ワン』が堂々と本編ぽくもあった。このあたり、グチャグチャになってきているのかもしれないな。どの監督も負けまいとがんばるだろうしね。

一番気になったのはフォースの扱い。ジェダイ・マスターのルークによるその説明はよかったが、フォースが魔法のようになってしまっていて…あれでは何ができて何ができないかがわからず、釈然としない。魔法と同じで…何でもありで、キツネにつままれた気分になる。もう、何があっても…どんなことができても驚かないだろうな。
「フォースってあんなことまでできるんだ。すごい!」って声もあったから、わしのはマイノリティな意見かもしれないけどね。

ジョージ・ルーカス監督の作品は『アメリカン・グラフィティ』からリアルタイムで観ている。実際に監督している作品は全部ではないが、『SW』は6作で終わって、7話からはスターウォーズと冠した別の映画と考えたほうがいいのかもしれない。そんな気もした。ディズニー映画になったんだしね。キャラみんなに光をあてるというのはディズニーならではという気もする。

ルーカス監督は今作をどう思っているんだろう。ディズニーに映画製作の権利を渡す際、彼は新作のストーリーを用意したという。でも、ディズニー側は独自につくるからとそれを却下した。ということは、ルーカス監督がどう思ってももう関係ない…ということかな。

クラッシック3部作…つまり、後にエピソード4~6に位置づけられた作品が特に好きだった。
レイの瑞々しさもあってエピソード7は好きだったんだけど、今作は何か少し違うと感じたことは否めない…。もしかすると、オールドファンを排除しようとしているのかもしれないな。確か、カイロ・レン…つまりベンのセリフにもそれを感じさせるものがあったからね。

昔の映画は今の映画に比べるとユックリだし、情報量的には半分もないだろう。でも、その分深く考え理解することができた。
『トランスフォーマー 最後の騎士王』などでも感じたことだが、どうしてそこまで情報量がいっぱいでどうしてそこまで忙しいんだろう。深く考えて吟味している時間などない。

今は表面的にサラッとなぞるくらいしかできない。もしかすると“いいね!”をもらって理解し合えたように感じる…今のネット社会に通じるんだろうか。インスタグラムとか…。これはこのごろ、特に思う。

初日初回に『スターウォーズ/最後のジェダイ』を観たものの…日記を書けずにいた。わしだって『SW』をわるく書きたくない。
これはわしだけの意見だろうと思っていたら、阿佐ヶ谷の立呑屋の『SW』大好きお兄さんが似たようなことをいってた。そんなわけで、思い切って書くことにしたのだ。

ま…結局、ウダウダいっても『SW』が凄い映画には違いないし、嫌いにはなれないネコ爺なのだけどね。というわけで、もう一度観るのだ。


35年後にブレードランナー2049を観るもエ~ガね

『ブレードランナー2049』を観た。新宿歌舞伎町近くの映画館で。少しわかりにくいところもあったが、とてもよかった。堪能した。カナダのドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の作品だ。

https://youtu.be/H_nLQWk1gNY

もともと、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督は語り過ぎないほうが観る人に伝わると考えているようで…言葉不足になる。つまり、映像で伝えてくれるのだ。そこが魅力的で、その表現方法が好きだった。同監督の『メッセージ』はもちろんだが、その前の『複製された男』も好きだった。アイデンティティを模索するようなところは今作にも通じると思う。

それにしても、リドリー・スコット監督が『ブレードランナー』を発表してから35年だ。今になっての続編に驚く。

『ブレードランナー』はフィリップ・K・ディックの原作。映画にはあのダグラス・トランブルや、あのシド・ミードや、あのヴァンゲリスが協力していた。
荒廃した近未来都市。あの雰囲気を言葉で説明するのは難しい。あちこちに吹き上がる炎。『メトロポリス』を思わせるイントロ場面に圧倒された。見事なミニチュア撮影だった。CGはまだなく、というか…CGではあの感じは出せない気がする。

アパートを描きたくて『トキワ荘の青春』を撮った市川準監督のように、リドリー・スコット監督は荒廃した都市を描きたかったのかもしれない。『ブレードランナー』がなければ『ゴースト・イン・ザ・シェル』も生まれなかっただろう。
ただ、『ブレードランナー』はクリエーターたちを刺激したものの大ヒットした映画というわけじゃなかった。公開当時の一般の評価は低かったと記憶する。徐々に名作の仲間入りをしたんじゃないかな。

リドリー・スコット監督はしつこいというか…公開後、ディレクターズ・カット版など、何度もなんども編集をやり直して『ブレードランナー』を公開した。確か5作あったと思う。もちろん、すべて観たけど、正直…いい加減にしてほしかった(笑)。
最後のやり直しがファイナル・カット版で、短くまとまっていて好きだった。つなぎ場面でCGが少し使われている。

『ブレードランナー』はハリソン・フォード扮するデッカードという名のブレードランナーがレプリカントと呼ばれる人造人間を追う。しかし、やがて立場が逆転していく。その構成がよかった。ルトガー・ハウワーがよかった。もっと生きたいと願うレプリカントの悲哀が沁みた。

当時から、主人公のデッカードはレプリカントではないのかという疑問の声があった。この映画も言葉が少なく、観る者は考えさせられたのだ。もちろん、ニュータイプ・レプリカントのレイチェルのことも気になっていた。あのふたりはどうなったのか。あれからデッカードはどこへ行ったのか。いつ会えるのか。どう関わるのか。

『ブレードランナー2049』はそれらの謎に応えてくれている。実際、映画の世界でも30年くらいの時が流れていて、ちゃんとした正統の続編なのだ。

近未来の『ブレードランナー2049』ではライアン・ゴズリングがブレードランナーだ。Kと呼ばれる。旧作『ブレードランナー』を踏襲していて、どこか似たような展開ではある。でも、まったく新しい。スケールアップしてお金もかかっている。

というか、旧作『ブレードランナー』はそれほどお金のかかっている映画じゃなかった。セットやミニチュアの再利用をしたりとか、実は苦心して作っている。それに比べると新作の『ブレードランナー2049』は大作だから予算があったんだろうと思う。
内容は書けないがとてもたのしめた。やっぱり、映画っていいなぁと思った。

孤独なKに寄り添うジョイは何だろう。AIコンピュータによるホログラフィー? わしも1台(?)ほしい。仕組みがよくわからないが主人公のバーチャル恋人だ。アナ・デ・アルマスってまったく知らなかったけど、かわいくて魅力的な女優だった。
怖いオネーチャン、シルヴィア・フークス? も、効果音のような音楽もカッコよかった。

でも、旧作を超えていると思いながらも…なぜか、旧作ほどにはシンパシーを持てなかった。その理由はわからない。堪能したのにどこか満たされないという不思議な感覚。もう一度観て確認するしかない…ということで、観直してみた。別の映画館で…。でも、やっぱり同じように感じた。

こんな未来になったら嫌だなと思ったせいだろうか。主人公に対してだろうか。いや、長尺なわりにウォレス・コーポレーションがシックリこなかったのかもしれない。あるいは、わしに理解力が欠けてるのかな。

それと、ひとつ記憶違いがあった。ラストは雨が沁みると思っていたのに…雨じゃなかった。わしの記憶もいいかげんなのだ。
そういえば“人間もどき”という言葉が使われていたが、あれは手塚マンガの「マグマ大使」で初めて使われたのだと記憶する。


『ブレードランナー2049』を観終わって、歌舞伎町のそばでラーメンを食べた。替え玉を頼むとき、「4つ」といってみたい気分になった。もしかすると、店主が「2つで充分ですよ」と返答してくれるかもしれないと(笑)。
あ、これは『ブレードランナー』のほうの関連だけど…。新作を観て、旧作を思うというのも不思議だが、2作品の間のわからない時間を思うのは幸せでもあった。
やっぱり、『ブレードランナー』を観てから『ブレードランナー2049』を観るほうがいいと思う。


自分の思い出は本当に自分の記憶か。遠い…いつの間にかの記憶が自分の思い出になっていく。
子どもは皆、いつか本当の親が迎えにくると思っているものかもしれない。ふとそんな関係ないことを思ったりもした。

朝の光が昇る前に目覚めて…遠くに思いを馳せる。何に対して? 今はそれすらもわからない。

老眼になってローガンを思うもエ~ガね

『ローガン』のことを書いておこう。X-MENのシリーズは現実性に乏しいということもあって好きというほどではなかったが、それでも…全部観ていると思う。
『ローガン』は枝分かれしたツメ男の“ウルヴァリン”としてのシメククリなんだろう。ジェームス・マンゴールド監督。主演はヒュー・ジャックマン。主役の彼はこのシリーズによって世に出たのだと記憶する。

https://youtu.be/-wQuf3CI_QQ

この種の映画では超能力の限界とかがよくわからない。X-MENのシリーズが何作あったのかもわからないが、最初のブライアン・シンガー監督の『X-MEN』と、この『ローガン』は印象に残る。そこにはミュータントたちの生きるための苦悩があったからだろう。

『X-MEN』で「どうしてウルヴァリンと呼ばれるの?」の問いに「本当はローガンだ」と応えていたから、ローガンが本名なんだろう。ま、コミックが原作だし、よくいわれるガキっぽい映画だったわけだが、今作の『ローガン』は少し異質だ。

ウルヴァリン/ローガンが今作で人間らしく終焉を迎えられたことには胸がつまるが、よかったなとも思う。“まっとうな政治”ならぬまっとうな生き方(死に方)ができて、きっとプロフェッサー(パトリック・スチュアート)も喜んでいることだろう。
販売用の4枚セットにはモノクロのノワール・バージョンもあり、それが美しいらしい。

ミュータントがいなくなった世界。老いたウルヴァリン/ローガン(ヒュー・ジャックマン)は日銭を稼いで生活している。娘かもしれないワイルドな少女ローラ(ダフネ・キーン)が現れ…ローガンは「そうか、親ってこんな感じなんだな」と思いながら…人生を終える。そういう映画だった。ダフネがよかった。世代交代を感じた。ラストの“X”が泣かせる…。


親ということでは最近、思うことがあった。
知り合いの息子さんは絵が好きで、幼いころから描いたものをよくわしに見せてくれていた。手紙もくれてた。
時が流れ…その子も青年になり、今では彼のアニメ作品が業界で評価されているようだ。わしにとっても、こんなうれしいことはない。
ところが、「息子はこんなふうに評価されている。観てやってくれ」と、その知らせはすべて親からなのだ。それが親の喜びだというのはわかる。ただ、わしは…子どものことに親が出てくるというのが苦手だ。好きじゃない。
でも、親はそんなもんなんだろう。子どもはそんなことにかまわず成長していくんだろうな。
本人が直接、知らせてくれていたらどんなにうれしかったか。わしにヘンなこだわりがあるのかもしれないが、そんなことを思った。

こんなわしだから観る映画はSFやファンタジーや歴史ものに偏るのだ。家族を思う気持ち、それがわしに欠落してるのかなぁ。今度、勇気を出して『ファミリー・マン』でも観てみよう。

猿の惑星:聖戦記が50年前につながるもエ~ガね

『猿の惑星:聖戦記』を観た。よかった。感動した。大昔に観た『猿の惑星』につながったからだ。約50年を隔ててつながるなんて…何という映画だろう。

『猿の惑星』のころに読んだマンガが忘れられない。シメキリにあせるマンガ家がいて、そこへ宇宙船に乗って猿が来る。「先生、手伝いましょう。ワク線を引きます。猿のワク線!」というだけのくだらないマンガだったんだけど…(笑)。

『猿の惑星:聖戦記』は『猿の惑星』の前日譚で、『猿の惑星:創世記』『猿の惑星:新世紀』とつづいた新シリーズ3部作のしめくくりだ。監督は前作につづいてマット・リーブス。

https://youtu.be/oMwBUJu8wUw

どうせ、今回は猿と人間の全面戦争だろうと思っていたが、そんなに単純な映画じゃなかった。モーゼを描いた『十戒』を思い出した。
ウディ・ハレルソン扮する大佐が不気味でよかった。でも、猿たちに比べると大佐以外の人間たちの表現がすこし弱い…というか、浅いかもしれないと思ったけどね。

でも、出だしを除いてほとんど猿視点だし、もしかすると…『2001年宇宙の旅』で人間よりもコンピュータHALのほうが人間味があったように、あえて猿たちのほうが人間らしいという表現なのかもしれない。

懐かしい名前が出てきた。コーネリアス? あのジーラとかいった博士の恋人…いや、恋猿の? 
ノバ? あのチャールトン・ヘストン扮するテイラーの相手方のノバの少女時代!? 今作のノバを観て一瞬そう思ったが、時が数千年離れているから…それはありえない。きっと、オリジナルへのオマージュなのだろう。

なぞの美少女のノバは猿ウイルスの影響で口がきけない。その媒介者なのだ。なので表情のみの演技だが、存在感というか…とにかくよかった。どちらかの種族を排除するのではなく、非戦とか共存…の象徴なのだろう。彼女の澄んだ瞳は戦いのない世界を観ていたに違いない。アイア・ミラー? 女優としての成長がたのしみだ。

人間の認知症のために開発された特効薬。その影響で知能が発達したチンパンジーのシーザー。片言の英語しかしゃべれなかったが、今作ではさらに成長して流暢に話す。さらに成長して、人間みたいに復讐心にも燃える。

成長はCGにもいえる。わしはCGが苦手だが、ここまでになると…すごくて、もう何もいえない。
シーザーはCGだが、元はアンディ・サーキスが演じている。『キング・コング』とか『ロード・オブ・ザ・リンク』の“ゴラム”もそうだが、怪獣の中の人だ。とてもよかった。いつかモーション・キャプチャー俳優として評価される日も近いに違いない。特別主演男優賞とかね。

旧作の『猿の惑星』は『続・猿の惑星』『新・猿の惑星』…と5作つくられた。わしは今回の3部作を含めて、すべてリアルタイムで映画館で観ているのだ。ティム・バートン監督のもあったか。

オリジナル1作目の『猿の惑星』を観直してみた。当時はアカデミー賞を取ったメーキャップ。今観たらチャッチイと感じるかと思ったが、よくできたCGみたいに感じた(笑)。不思議だね。



ん? 前に進むってことは過去に戻るってことなのかぁ? まさかね。
ともかく、約50年前の『猿の惑星』と同じ年に公開された『2001年宇宙の旅』からわしの映画狂時代は始まったのだ。50年…ほへ~っじゃのう!! 


プロフィール

ネコタル爺

Author:ネコタル爺
FC2ブログへようこそ!
ネコ爺ことネコタル爺の高峰 至です。

http://neko.a.la9.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR