fc2ブログ

セールス・ガールの考現学がエーガね

予告編を観たときから何だろうと思ってた。『セールス・ガールの考現学』がよかった。モンゴル映画だ。

大学で電子工学を学ぶサロール。彼女がアダルトグッズ・ショップで働くことになる。売上を届けるうちに、オーナーとの交流が生まれ…。

主演はバヤルツェツェグ・バヤルジャルガル(ながい)。日本人を思わせる。DNA的につながってるんだろうね。ともかく、初めての映画主演というのがいい。
オーナーをエンフトール・オィドルブジャムツが演じてる。

草原などはほとんど出ない。モンゴル映画のイメージを壊す。音楽の入れ方もよかったな。
監督はジャンチブドルジ・センゲドルジ(ながい)。明るくコミカル。ポップでしゃれた映画だった。

最近、新作邦画に満足できなかったわしだが…『セールス・ガールの考現学』で満たされたのだ。
これは女性にこそ観てもらいたい映画だね。

https://youtu.be/Cl7NFqURlko


バビロンに感動するもエーガね

1920年代のギラギラしたハリウッド。サイレントから音声が付き始めた映画の時代。

『バビロン』を観た。狂乱の場面から始まる。豪華で騒々しくえげつない。

と思っていたから、わしは観なかったんだ。ところが、純粋な映画マニア好みに変わっていく。

そう、タイトルが出るあたりから…。撮影場面が最高。コメデイ調も入ってる。編集も音楽もすばらしい。

ラストは感動した。脚本・監督は『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル。悪乗り気味かもだけど、わしは好き。

クララ・ボウがモデルらしい。すごいパッション。それにしても、マーゴット・ロビーはすごい女優だねぇ。

https://youtu.be/s8SmyeYTXZQ

エリノア記者のセリフがねぇ…。いやあ、映画表現って本当にすばらしい。

画家と庭師とカンパーニュもエ~ガね

子どもの頃、“酋長”というマブダチがいた。田舎時代の思い出。彼が亡くなって…もう、20年くらいになる。
彼の家に行く道が『画家と庭師とカンパーニュ』の冒頭シーンにソックリだった。

この映画を教えてくれたのは誰だろう。数年前に知ったのだ。そのDVDをやっと見つけた。
わしはカンパーニュを植物の何かだと勘違いしていた。田舎という意味だったのだ。

ミニシアター系の地味なフランス映画。派手なCGなどもない。
夫婦問題もあり…パリから離れて田舎で暮らす画家。そこの庭を作業しに来る昔の友だちの庭師。庭師が画家の家に来るときはバイクだが、なぜかいつも子犬が追っかけてくる。

ときには画家の知り合いが来たりもするが、ほとんどはふたりのさりげない会話。画家“キャンバス”は絵を描き、庭師“ジャルダン”は花や野菜をつくる。ふたりの昔が回想で出てきて交差し…笑い合う。

絵と庭と田舎。いや、パリも少し。何でもないような『画家と庭師とカンパーニュ』だがほのぼのとよかった。監督はジャン・ベッケル。やはり、アメリカの映画とは違うね。思い出に乾杯!

https://youtu.be/4tc3S_KVc00

ビューティフル・マインドが美しくてエ~ガね

『奇蹟がくれた数式』を観て『ビューティフル・マインド』を思い出した。
思い出したが…内容が思い出せない。ラッセル・クロウが主役で、おもしろかったことだけは覚えている。
何ということだ。観たのは20年くらい前だったとはいえ、内容を忘れるとは…。
ウダウダ日記に書いたかどうかもわからない。

確認するために、『ビューティフル・マインド』のDVDを借りてきて観た。
そうだ。確かにこうだった、こうだった。おもしろかった。感動的だった。

ロン・ハワードの監督作で、天才数学者ジョン・ナッシュの半生を描いたものだった。奥さん役をジェニファー・コネリーが演じていた。
数学的なところよりも、幻覚が現実を襲う…みたいな場面がサスペンスフルでとてもおもしろかった。エド・ハリスもよかった。大好きな映画だった。

あぁ、それなのにそれなのに、内容を忘れていたってどういうこと?
情けない。あぁ、ショック。わしもそういう歳になったんだなぁ。

https://youtu.be/5Z8p9Dh7uaM


奇蹟がくれた数式が神秘的でエ~ガね

感染者何名とか、得票率何%とか、わしらは数字の中で暮らしている。

神秘的な映画を観た。『奇蹟がくれた数式』というインド人のラマヌジャンの伝記…。監督はマシュー・ブラウン。ロバート・カニーゲルが書いた「無限の天才 夭折の数学者 ラマヌジャン」が原作らしい。主演はデーヴ・パテール。

ラマヌジャンは数学の何かを解いたというレベルじゃなく、数学を創った側の人みたいだ。わしは彼のことを知らなかった。知ってたのは数学者ということくらい。
いや、DVDで観終わった今でも…具体的に何を研究した人なのかがわからない。数学は最も苦手な分野だ。なので、もう一度観ることにする。

https://youtu.be/e4UQrjlS6w8

「正しく見れば、数学は真理だけでなく究極の美を併せ持っている」というハートランド・ラッセッルの言葉から始まる。映画には崇高な祈りがある。

舞台は英国ケンブリッジ大学のトリニティカレッジ。そこに招へいされたラマヌジャン…。
近代数学では初めてのロマンに満ちた発見とか、数学における美しいパターンとかの言葉が出てくるが…わしにはさっぱりわからない。

でも、数字が神秘的で美しいというのはわしなりにわかる気がする。たとえば、2、3、5、7、13、17…という素数。神が創った数だといわれればそうなのかもしれない。
ギリシャ哲学の“イディア”を思い出す。カンペキな神の世界があって、人間はそれを模しているんだという…。

ラマヌジャンはひらめく。女神の声を聴くように、直観で数式を知る。天才とはそういうものだろう。でも、大学側はインスピレーションじゃだめだという。それを一般の人がわかるように証明できなければだめだというのだ。

わしらは日常、感覚的に物事を観て「いいね」とかいっている。でもそれは、これこれの比率、だから人はそれをいいとか美しいと感じることができる…とか、数字に置き換えられるのかも…。根底に数学的な何かがあるのかもしれない。
それを証明というか、分析して説明できなければいけないんだろう、という気もする。AIロボットにそれを教えることができれば…。
いや、それができないのが感覚でもあるんだろうか。

『奇蹟がくれた数式』を観て、そんなことを思った。この映画のことを教えてくれた人に感謝。好きな映画だ。

同じように数学を扱った映画として、『ビューティフル・マインド』『イミテーション・ゲーム』を思い出した。数学人には純粋でユニークな人が多いのかな。
邦画では『博士の愛した数式』というのもあったな。

アホネコのわしには数学はわからないが、併せ持つ美というものはどこかで理解できているのかもしれない。

プロフィール

ネコタル爺

Author:ネコタル爺
FC2ブログへようこそ!
ネコ爺ことネコタル爺の高峰 至です。

http://neko.a.la9.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR