マンガをはみだした男 赤塚不二夫を語るもエ~ガね

先日、[青梅シネマ倶楽部]で『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』を観た。観賞後のトークショーに出た。そこで話さなかった(話せなかった)ことを書いておこうと思う。

https://youtu.be/BXXgZjUfvr8

富永昌敬監督の『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』は深層を描いていて興味深く、感動的だった。

赤い空に無数のカラス。リミテッドアニメが映し出される。そこは満州。戦争が終わり、日本へ引き上げるために…何日も歩く母親と子ども。その中に不二夫少年。港にたどり着いたら…母親におぶさっていた赤ん坊が死んだ。
そんなアニメが紹介されたあと、実写のインタビュー映像となる。アニメ付きのドキュメンタリー。映画はそういうユニークな構成だった。

実はこの映画の前に予習を兼ねて『これでいいのだ 赤塚不二夫』を観て残念な気持ちになっていた…。『これでいいのだ~』では赤塚不二夫役が浅野忠信。編集者の武居氏(男性)イメージの役が堀北真希だった。ハチャメチャなくだらない映画だったが、くだらないはおもしろいということだ。それでいいのだ…という意図を伝える映画だったんだろうと思う。ある意味、画期的だ。

今回、『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』を観て気づいた。『これでいいのだ 赤塚不二夫』では心の深層表現が弱かったのだと…。弱いというより、そこは出さずにマンガのような映画をつくりたかったんだろうと思う。

富永監督の『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』では…彼は何を感じ、何を表現したかったんだろうというところに光をあてようとしている。わしにはそう感じられた。
怒りの奥に本当の怒りがあるように、悲しみの奥に本当の悲しみがあるように、笑いの奥に本当の笑いの元があるように感じた。たとえば、「これでいいのだ」の元となった父親のこととか…。

母親が亡くなったとき、大の大人が子どものように「かあちゃん、かあちゃん」と泣き叫ぶ。それは『これでいいのだ~』でもあった。でも、そこではコメディ的要素が強かった。
ところが、『マンガをはみだした男~』ではキョーレツなマザコンを感じた。手塚先生を思い出したりもした。マザコンでなければマンガは描けないのか。そんなことまで感じた。でも、このことはトークショーで話せなかった。
もっとも…程度の差こそあれ、男の子は皆、マザコンなのだ。女の子が皆、ファザコンであるように…。

彼はもともと、酒を飲まないと話せないようなおとなしい人だった。次第にアル中になっていく。やがて幻覚が襲う。
自らがギャグというかナンセンスの世界に入っていく。ハチャメチャな行動の中にもギャグを探求し…体現していたのかもしれない。真面目にバカをやっていたのかもしれない。根はどこまでも真面目な人だったんだろうと感じる。

満州での遠い記憶。赤い空に無数のカラス。今はなき故郷。
赤塚不二夫という人はマンガの中で…魂の故郷をつくりたかったのかもしれない。



それにしても、[青梅シネマ倶楽部]はユニークな場所だった。ニューギニアの人も来た。また行ってみよう。

WOOD JOB!するもエ〜ガね

昨日は善福寺公園で花見だった。善福寺池のそば。善福寺川の始点の場所だ。
ふと、矢口史靖監督の『WOOD JOB! 〜神去なあなあ日常〜』という映画を思い出した。
カラオケ仲間の知人が「息子が農業大学に入ったので参考のために観たが、おもしろかった」といっていた2014年の作品だ。

https://www.youtube.com/watch?v=czlmoufvB8U

『WOOD JOB! 〜神去なあなあ日常〜』の原作は三浦しをんの「神去なあなあ日常」で、原作者のお父さんも林業をしていたらしい。三重県だか…奈良県との県境だかで? いや、そこは映画の撮影に使われた場所かもしれない。

原作とは少し違うらしいが、映画の主人公の青年(染谷将太)は大学受験に失敗して…ふと見つけた「神去村林業研修生募集」パンフレットのモデル(長澤まさみ)に惹かれて神去村に行く。
その村には林業のベテラン(伊藤英明)がいる。マムシもいる。ヒルもいる。ケータイは通じない。コンビニもない。主人公は脱出を試みるしかない。

都会から、かつての仲間が冷やかしに来る。そのときの主人公の対応によって…村人は彼を認めることになる。いつしか、彼の心は村人…山の男になっていたのだ。彼自身が一番驚いただろう。

その昔、井上靖の「氷壁」を読んだ。長野県の北アルプスから新宿駅に戻ってきた主人公が、一歩一歩…雑踏の中に自らを歩ませようとする場面があった。山から戻ると、都会に馴染むのに少し時間がかかるものだ。わしも登山をしていたので、気持ちはよくわかる。

『WOOD JOB! 〜神去なあなあ日常〜』の主人公も似たような気持ちだったのだろう。自然は本来の人間に戻してくれる。やがて、オオヤマヅミという神事に参加することになる主人公。とにかく、コミカルでたのしい映画だった。大笑いしながら観たものだ。
『ウォーターボーイズ』や『スイングガールズ』ほどはヒットしなかったのかもしれない。でも、わしはこの映画が大好きだ。

今の都会人がなくしたものなのかな。「なあなあ」とは「のどか」というような意味らしい。


それにしても、皆と花見をしながら…満開の桜の下で思った。
わしは人間嫌いかと思っていたが、そうでもないらしい。むしろ、人間が好きすぎるのかもしれない…。

舟を編むもエ〜ガね

わしは今、ホクホク幸せ気分。『舟を編む』がよかったからです。

https://www.youtube.com/watch?v=0kwCc-1o1lc

そういえば、究極の普通のことをノームコアというらしいですね。
この映画の主人公マジメくん…いや、馬締くんは普通とはいいがたい。ヘンな人です。もっとも、何が普通かはわしにもよくわからないけど…。

『舟を編む』は辞書をつくる話です。「広辞苑」のような…。
三省堂の「大辞林」は編集制作に28年かかったそうです。ホントの話。
この映画の中では「大渡海」という辞書をつくります。大海原に浮かぶ舟=辞書、を編(あ)む=編集する。地味でマジメな話だけどコメディみたいなのです。そのセンスは『川の底からこんにちは』と同じです。だって、同じ石井裕也監督(満島ひかりの夫)ですからね。

言葉を「用例採集」して、それに「語釈」を書く。
どの言葉を辞書に載せるか「見出し語選定」する。

原作は三浦しをん。わしはこの人の小説をあまり読んでいないけど、涙と笑いが同居しているような…そんな印象を持っています。どうでしょう。

主役の編集者の馬締くんを松田龍平が演じています。いい感じです。『ジヌよさらば』もそうだけど、ヘンな役が似合うんでしょう。わしが彼を初めて観たのは…『御法度』だったと思う。それがデビュー作だったのかな。演技派になりましたね。

相手役が宮崎あおい。当然、いい感じです。ラブレターに関してたたみかけるように話すテンポと間、好きです。わしが彼女を初めて観たのは…『ユリイカ』でした。それがデビュー作でしょう。この少女は何者だろうと思ったものでした。
誰かと思ったら、後で編集部に加わるのは黒木華だったんですね。俳優陣も皆、よかったですよ。

言葉は…気持ちを伝えるためにある。ホントそうですよね。
自分の価値基準や言動を他の人にうまく言葉で説明できないからヘンな人なのか。ヘンだからできないのか。そもそも、ヘンって何だろう。マイノリティって意味かな。ヘンな人って、愛情を込めて見れば実はおもしろい人になるのかもしれません。

ヘンなオジサンのわしとしては、馬締くんに親しみを持ちました。熱く誠実な編集部の人たち…わしは好きです。
それにしても、辞書づくりの編集の現場…まさに言葉の海。その修羅場はマンガやアニメづくりの現場とソックリですね。クリエーティブな現場の熱い雰囲気そのものに親しみを持ちました。それが映画全体への親しみになっています。

アナログな世界ですけどね。確かに、今は電子辞書とかの時代かもしれない。仕事もデジタル処理ですしね。でも、わしは紙が大好きです。“ぬめり感”とかね。だから、喘息なんですけどね。

いい映画に出会いました。ホクホクした気分でもう一度観ようと思います。DVDですけどね。
多分…音声ガイドが似合う映画だと思うので、今度はそれで観ることにしましょう。

プロフィール

ネコタル爺

Author:ネコタル爺
FC2ブログへようこそ!
ネコ爺ことネコタル爺の高峰 至です。

http://neko.a.la9.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR