東京キッドにドッキリするもエ~ガね

ほとんど義務という感じで『東京キッド』をDVDで観た。タイトルと“喜劇の神さま”と呼ばれた斎藤寅次郎監督の名前だけは知っていたが、未見だった。恥ずかしい。

で、YouTubeを探してみたが…コレでいいのかどうか自信がない。
https://youtu.be/OCiwZC5cbW4

とにかく、1950年という戦後間もない混乱期に、ここまでバイタリティあふれる明るい作品ができていたことに驚いた。あの黒澤映画に三船が登場してくるのもこのころだった。確か…東映動画の『白蛇伝』もその少しあとじゃないかな。

国としての復興の時期だったんだろうな。『東京キッド』には焼け野原のあとからの…夢と希望と笑いというエネルギーが満ちあふれている。すごい。

当時、13歳の美空ひばりの大人ぶった歌声もすばらしいが、個人的には歌が流れると体が踊りだしてしまう病気(?)の人が好きだった。観ていて体が動きそうだった。
どんなに辛く貧しくとも、皆が明るい未来を信じて歩んでいる。きっと、そういう時代だったんだろうな。すごい。

ちょっとした場面のためにわざわざハワイロケをしているのがすごいし、デジタル版にするためフィルムのキズを修復しているのもすごい。あたりまえかもしれないが、出ている人が全員亡くなっているのもすごい…。

映画黎明期の作品だ。いや、黄金期というべきかな。
新しい映画は数限りなく…全部観ることは不可能だが、1950年前後の映画というのは限りがある。もしもDVDになっていれば、すべて観ることができるかもしれない。

無からは何も生まれない。温故知新。創作の源流めぐりがわしの趣味なのだ。

くちびるに歌を持つもエ〜ガね

恥ずかしいなぁ。泣きながら観てしまいましたよ。
DVDで観た『くちびるに歌を』のことです。

秘めた過去を持つピアニストが…郷里の中学校で臨時の音楽教師になる。嫌々ながらも合唱部の顧問を引き受けることになり、子どもたちとの交流が生まれる。そんな話です。

舞台は五島列島の小島です。オール長崎ロケとのことで、自然がすばらしい。海の見える草原で合唱練習をする場面は『サウンド・オブ・ミュージック』みたいでした。島の女先生ってことでいえば『二十四の瞳』ですよね。あ、『おっぱいバレー』というのもありました。

監督は『ホットロード』の三木孝浩。主演はガッキーこと新垣結衣で、初めての教師役。当然、ピアノ演奏もあります。
「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」のアンジェラ・アキが五島列島の中学校を訪問するテレビドキュメンタリーがあったそうです。それに着想を得て書いた中田永一の小説が原作らしいのですが、実はこの人…乙一の別名だったんですねぇ。
当然、映画の中でこの「手紙」という楽曲が使われています。

キーワードとして手紙が出てくるし、歌詞もある。そのバランスなのか、子どもが出る映画にしては寡黙です。生徒たちは心の奥に秘めた悲しみを持っているものの…多くを語らない。それがいじらしい。

第一、主役の先生があまり話さない。笑わない。その分、ほんのちょっこし表情をゆるめる場面が印象的でしたね。やわらかい笑顔がよかった。内面の演技なのでガッキーも難しかったかもしれない。でも、そこに女優としての成長を感じました。昔は“ポッキー”のコマーシャルとかで飛び跳ねてたのにね。
ベートーベンの「悲愴」だったかな。言葉ではなく、音楽で生徒を勇気づける場面とか…映画的でよかったですよ。

音楽室の額に「勇気を失うな くちびるに歌を持て 心に太陽を持て」という言葉がありましたね…。苦難を乗り越えて、合唱コンクールに向かっていく。合唱という形でひとつになっていく。感動的でした。涙腺が決壊しました。
ユリ先生。サトル。ナズナ。みんなみんな…忘れません。

https://www.youtube.com/watch?v=EOa2f5YoKWI

それにしても、連絡船の汽笛の音がそうだった…というのは知りませんでした。


プロフィール

ネコタル爺

Author:ネコタル爺
FC2ブログへようこそ!
ネコ爺ことネコタル爺の高峰 至です。

http://neko.a.la9.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR