そのときは彼によろしく伝えるもエ~ガね

メルヘンかな、ファンタジーというより…。これも青春恋愛ものだろうけどね。『そのときは彼によろしく』のこと。

https://youtu.be/ifwy6Y-LV2g

懐かしく思った。この映画の主人公のように、わしも子どものころは水辺が好きだった。水草とか、小魚とか…。
福永武彦の「廃市」ではないが、いつも水の音がしていた。ずっと川を眺めていた。森の中に小川が流れ込んでいるところを見つけ、そこに池をつくって魚を飼ってたりして…。水槽は高価だったので、そっちに手を出したのは大人になってからだったな。

と、わしのことなんかより、映画のことを書かなくちゃね。
『そのときは彼によろしく』は「いま、会いにゆきます」の市川拓司の小説が原作で、監督は平川雄一朗。

幼なじみの3人が13年後に再会する。回想を交えながら…美しく懐かしく展開する。
ただ、子ども時代の水辺とか古いバスとかに汚れがない。湿気や臭いや影がない。綺麗すぎる。いかにも、美術スタッフがつくりましたって感じ。
もちろん、わざとそうしてるんだろう。映画だから綺麗でいいんだろうけどね。美しい思い出の表現だろうし…。

遠い記憶や夢の中でつながってるという感覚が好きだった。
13年後の現在、主人公(山田孝之)は水草のお店をやってる。水槽の中の水草が神秘的で別世界のように美しい。そこにある人(長澤まさみ)が訪ねてきて…。実は彼女は…。
絵を描いてた子も大人になって画家(塚本高史)らしくなってる。個人的にはケーキ屋の人(国仲涼子)が気になったけどね。

ふと、手塚マンガの「ガラスの脳」を思い出したりもした。
「ガラスの脳」は「眠り姫」をモチーフにした短編で、確か…『リング』の中田秀夫監督が映画にしてたな。

『そのときは彼によろしく』の中で、オニバスの種というのが出てきた。いわゆる蓮だ。50年も芽が出ずに眠ったままだという。映画の設定なのか実際にそうなのか、興味を持った。
通り道にそういう店があったので、今度、聞いてみよう。

懐かしく感じたのは…わしの誕生日だったこともある。何歳だったかはすぐには出てこなかったりもするが、日にちだけは忘れることがない。あたり前かな。
ともかく、この映画は子どものころのことを懐かしく思い出させてくれた。今度、原作も読んでみよう。

あやしい彼女に出会うもエ~ガね

あやしい彼女に会った。もちろん、映画の話。ファンタジーだろうけど、青春映画としておこう。

https://youtu.be/YWdG3LjHVOw

この映画は…元はファン・ドンヒョク監督の韓国映画。リメイクは中国版、ベトナム版、アメリカ版などなどもあるらしい。多くのリメイクを生んだ理由は基本ストーリーが簡単でわかりやすいからだろう。笑いと感動がある。
そして、日本版がこの『あやしい彼女』というわけだ。監督は水田伸生。

『あやしい彼女』の主演は多部未華子。彼女を初めて観たのは『HINOKIO』だった。ラストの笑顔にヤラれた。少女のかわいさと少年の凛々しさを併せ持っていて、いつか「どろろ」が映画になるなら彼女に演じてもらいたいと思ったものだった。

73歳のおばあちゃんがふとしたことで20歳の娘になる。日本版では倍賞美津子がおばあちゃんを演じている。20歳になってからが多部チャンというわけだ。彼女はマンガチックな映画がよく似合う。
若くなっても意識はおばあちゃんのままだから…誰に対しても毒舌でタメ口。これぞ、あやしい彼女だ。

あるとき、歌を唄う。もちろん、懐かしい歌を…切なく…。それを要潤演じるあやしい音楽プロデューサーが聴いて、歌手にしようとする。

心は73歳だから、演じる多部未華子は大変だったろうと思う。あるいは、先輩俳優に上から目線で演じられることがたのしかったかもしれない。
ただ、皆の心を動かす歌唱力が必要だ。それがないと映画が成り立たない。特訓したんだろうと思う。多部未華子の歌を始めて聴いたが、とてもよかった。心に沁みた。感動した。フォークの「悲しくてやりきれない」とか、特によかったね。

周りは若いと思っているから、最後には若い歌を若々しく唄うことになる。それが「帰り道」という主題歌。とてもよかった。変調するところが特に気に入った。
実際にはanderlustというユニット・グループの歌らしい。というか、彼女たちもうまく映画に出てくる。伸びやかな声がいい。レンタル屋でCDをさがしたが…見つからなかった。他の店をさがして…覚えて、次にカラオケで唄ってみよう。

https://youtu.be/XPImxz_L8Cg

それにしても、『あやしい彼女』のオリジナルと各国のリメイクを全部観て比べるとおもしろいだろうなと思う。

向日葵の丘を考えるもエ~ガね

映画(DVD)を観るキッカケはいろいろだ。人からいわれて観ることもある。それが今回だ。
若い人から「とても感動した映画があるので、観て感想を聞かせてほしい」といわれた。それが太田隆文監督の『向日葵の丘 1983年・夏』だった。

ゆったりと時が流れる。ノスタルジックなものを感じた。現代からスタートして…1983年に戻る。女子高生3人組の話だ。

https://youtu.be/ToWovCB-IIQ

驚いたのは…この映画に若い人が感動し、共感したということ。わしには若者向けの映画とは思えなかったから…。思い違いだったらうれしい。

あのころは夢があったね。今はこうだね。時の流れは儚い…。そんなことを考えた。
時代の忘れ物とでもいうのか…現代の激しい時の流れの中に、取り残された若者がいるのかもしれないと思った。もしかすると、そういう若者は想像より多いのかもしれない。

映画が大好きな女子高生3人組…。溢れるほどの映画愛。彼女らは文化祭のために映画をつくる。
長尺すぎる気がするし、のどかというか地味だし、ストーリーだって紋切型だろう。
でも、しみじみと…そこには熱い時が流れていた。

そして、今の3人…。たかこ、みどり、エリカ。
生も死も、すべてを包み込む愛おしい時間。涙が出るほど愛おしい。

ふと、子どものころの“日光写真”を思い出した。もっと我慢すればいいのに、いつもピンボケだった。あのピンボケ写真には何が写っていたんだろう。大昔の…何十年も過ぎた今でもそんなことを思うことがある。

最近の映画は忙しくてゴチャゴチャ情報がいっぱいで、考える時間さえも与えてくれない。その点、この映画はふり返り考えることの大切さを教えてくれたし、その時間を与えてくれた。

経済大国になった日本。取り残されたもの。その先の不安。
忘れ物の大切さ…。忘れ物の中にある心こそ、忘れてはならない温かく大切なもの。映画はそれを伝えようとしているんだろうなと思った。信条が近いということはおそらく、太田監督はわしと同世代なのだろう。

青春映画というより、青秋映画だと感じた。わしのイメージ。
象徴的に夏のヒマワリ畑が出てくるわけだけど…。


大好きな『ニュー・シネマ・パラダイス』を思い出したりもした。宝物のような映画。ただ、この映画にしても30分以上長いディレクターズカット版は好きではない。監督の思い入れが強すぎるからだろう。


トキワ荘の青春を確認するもエ~ガね

青梅市に[青梅シネマ倶楽部]というのがあるらしい。そこで『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』とかいう映画をやるらしい。ドキュメンタリーだろうか。だとしても、一筋縄ではいかない映画だという気がする。たのしみだ。
実は…上映後のトークショーだかに出ることになった。1時間枠らしい。そんなに話すこともない気もするが、ウダウダ話せば…それなりに何かあるかもしれない。

などと無責任なことをいってるわけにもいかない。というわけで、確認のために市川準監督の『トキワ荘の青春』をDVDで観た。

https://youtu.be/kt-pLbx1xI0

この映画はその昔、試写会で観た。『トキワ荘の青春』はモックンが主演で、彼が寺田ヒロオを演じている。モックンは適役だと思う。真面目な寺さんにイメージが近い…と感じた。でも、赤塚不二夫役には…違和感を持った。試写会でそう思ったが、DVDでもやっぱり…そう思った。理由はよくわからない。わしが勝手にそう思っただけだろう。
でも、そう思ったということはわしの中に明確な赤塚不二夫像があるということだろうか。

トキワ荘は最初、手塚治虫先生が東京での作業場としたアパート。手塚先生を慕って若いマンガ家たちが集まり、寺さんを中心に“新マンガ党”と名乗った。その頃、すでに手塚先生はいない。
あの真面目な手塚先生から「新マンガ党のメンバーは真面目すぎるから(笑)」といわれたという。でも、真面目なだけでは映画にならないから、後のマンガをはみだした男…的なことも加味されていた。そこに違和感を感じたのかもしれない。

市川準監督はもともと、テレビコマーシャル畑の人ではなかったかと思う。アパートの映画をつくりたいと考えて、トキワ荘が思い浮かんだと聞いた記憶がある。つまり、若いマンガ家たちを撮りたかったというより…アパートそのものとそこの住人を撮りたかったということだろう。主人公はアパートかもしれない。そのせいもあるのかどうかわからないが、セリフ音が小さくて聴き取りにくかった。妙に…トキワ荘の廊下が印象に残っている。

『トキワ荘の青春』のラストシーンが好きだ。あの野球少年の背番号…。
でも、あの時代…マンガに取り憑かれたあの人たちの下地を知らない人が観て、おもしろいんだろうか。

ま、そんなことも含めて…当日はウダウダ話すことにしよう。

ビリギャルを応援するもエ〜ガね

お話もオチも皆わかっているのにおもしろかった。ストンと心に入ってきた。わりと最近観た映画の中で特に印象に残っているのが『ビリギャル』だ。

https://www.youtube.com/watch?v=aZdU6y9NeiI

主演の有村架純は「あまちゃん」で全国区になったのだと思うが、わしはそれ以前に何かで観て知っていた。ファンだった。プックラほっぺがかわいいので、ファンの握手会ならぬ…ほっぺツンツン会とかやるといいかもなんて失礼なことを思ったものだ。ゴメンなさい。

学年ビリの女子高生が塾に入って猛勉強して慶応大学に合格する。それだけの話だ。実は…監督とか俳優陣とか何も知らずに観た。主演が有村架純だということ…それだけで観た。超軽いイイカゲンな気持ちで…。DVDだけど…。

後で確認した。監督は土井裕泰。名前も知らずに観てゴメンなさい。
原作は坪田信貴の「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話」。長いタイトルだなぁ。名古屋だかにある塾の実際の話がベースになっているようだ。日本史にウトい女子高生のさやかに対して、学習マンガを使ったりしていた。

主人公さやかのお父さんを田中哲司が演じていた。わしはこの役者が好きだ。大河ドラマ「黒田官兵衛」での荒木村重役を観たときからのファンだった。相変わらず屈折感がよかった。
どこまでも娘を信じるお母さんを吉田羊が演じていたが、これはもう説明不要なくらいすばらしい。子はこういう親の愛があれば大丈夫なのだ。きっと…。

そして、塾の先生役を伊藤淳史が演じている。彼がこの役を演じたことも映画の成功につながったと思う。
いい先生。いい大人。女子高生のさやかは「こんな大人になりたい」と思う。「他人のためにそこまで一生懸命になれるなんて素敵。私もこんな大人になりたい」と…。若いときにこんな大人に出会えればいい。今の世の中、こういう大人の愛があれば大丈夫なのだ。きっと…。
もっとも、「大丈夫」という言葉の解釈も世代によって違うだろうけど…。

「さやかっがんばれっがんばれっ」と思いながら『ビリギャル』を観た。感動した。合格できたときは…思わず涙が出た。よかった。
大学受験なんてまだまだ人生のスタート地点のようなものだが、それを克服した彼女ならきっと、これから先のどんな苦難だって乗り越えられるだろうと思った。ほんとによかった。
そして、そのことでわしも勇気をもらった。かくありたい。ほんとにほんとにありがとう。


プロフィール

ネコタル爺

Author:ネコタル爺
FC2ブログへようこそ!
ネコ爺ことネコタル爺の高峰 至です。

http://neko.a.la9.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR