第三の男を3回観るもエ~ガね

40年以上も前に観たことがある『第三の男』を観直した。キャロル・リード監督作品。アントン・カラスのチターの音色は残っていたが、内容は記憶からほとんど消えていた。だから、新鮮に観ることができた。

https://youtu.be/HC1R3bnWyTE

オーソン・ウェルズ主演だが、なかなか姿を見せてくれない。その登場場面。光と影。なんて斬新なんだろう。
モノクロの光と影を使った映像は美しい。斜めの構図も不安感を盛り上げる。
ふと、第三の男の足元にすり寄る猫に、手塚マンガの「悪魔の音」のカナリアを思い出したりもした。“引用の美学”ともいえるもので、こういう発見がわしの楽しみだったりもする。

第二次大戦後のウイーンが舞台。ペニシリン不足のための病院での惨状。しかし、映像ではそれを見せない。ジョセフ・コットン演じる小説家の表情だけで伝える。
そういえば、『ローズマリーの赤ちゃん』がそういう手法だった。今の映画は想像することを求めない。すべて見せてくれる。
CG技術は確かにすごい。でも、想像力を妨げるという弊害を生んだ…という一面もあるかもしれない。

男たちが橋の上で話し合っている場面があったが、観客側には聞こえない。
アリダ・ヴァリ演じる恋人役。彼女の心の中もすべては見せない。言葉は多くない。むしろ、寡黙な映画だろう。しかし、強烈な映像表現で気持ちを伝えるのだ。

多分、これが3度目の観賞だろう。これぞ映画なんだと思う。1949年の作品だが、こういうのを観ると…映画が本当に進化したんだろうかという気持ちになる。温故知新。ときどきは原点回帰しないといけない。

ルームから出るもエ~ガね

先日、屋上にゴジラのいる東宝ビルに行った。更地になったときから見てきたが、初めてそこで映画を観た。レニー・アブラハムソン監督の『ルーム』という。その感想を書かなくちゃ…。

目覚めて…今、『スターウォーズ エピソード7』のDVDを観た。
さぁ、今日は200人近い人が集まる会場で似顔絵を描く。うまくできるかな。喜んでもらえるかな。フォースを信じて出かけるとしよう。
戻ってから、『ルーム』の感想を書くことにする。


何の予備知識もなく、この映画を観たかった。わしはそう思ったので、これから観る人は読まないでいただきたい。
https://youtu.be/iqp-fDEMrGU


“部屋”には長髪の少年がいる。5歳になった少年ジャックだ。彼にとって、“部屋”は“世界”だ。
世界にはぼくとママしかいない。世界にはベッドくんや天窓くんがいる。ときどき、男の人が食べ物を持ってくる。
ママがぼくに話す。「ママは7年前、高校生のときにさらわれてここにきたの。外の世界へ脱出するのよ。計画を聞いて」と…。
ぼくにはワケわかんない。“外”って何!?

胸が痛む。映画の分類が難しく推理としておいたが、実際は違うかもしれない。犯人の手から逃れどう脱出するか…よりも、“世界”を感じ取る少年の話ともいえる。もしもわしがジャックならと考えてみたが…想像は難しい。

映画は言葉に頼らず、映像で伝えようとする。その分、意味をこめた深い映像になる。そこが好きだ。映画とは言葉にできないものを映像で伝えるものだろうから…。
結局、生まれたときからある世界がすべて…。誰だってそうだろう。それが極端に狭いだけ…。少年が外の世界に触れたときの驚嘆の表情など、すばらしい。
エマ・ドナヒューの原作は5歳の少年の一人称でたどたどしく書かれているらしい。原作にはないかもしれないが、ラストに部屋を見ていうジャックの一言は深い。

環境、教育…いろいろ考えた。
もちろん、この映画はさらわれた女子高生の苦悩の話だ。辛い。言葉もない。

それを思うとき、実際にあった事件のことを思わずにはいられない。わしは[ポレポレ東中野]という映画館に行くことがあるが、彼女が監禁されていた部屋はそこから遠くない。逃げ出して、家にかけた駅の公衆電話など、わしはその前を何度も通った。そのとき、もしもわしがそばにいたなら…力になってあげられただろうか。
大人が守らねばならないはずの…弱い立場の子どもに対する仕打ちは許せない。

世間の目に負けず、ちゃんと社会に順応できるだろうか。
映画の彼女は…現実の彼女も…。
それを願う。


今ごろレベッカを観るもエ〜ガね

わしは映画通と思われているらしい。でも、実はそれほどでもない。偏りがあるし、必須ともいえる映画作品を観てなかったりするからだ。

ラジオで「紅白歌合戦」を聴いた。わしは地デジ対応…とかのときにテレビを処分して、それからはテレビがない。テレビがないと不便かと思ったが、まったくそれはなかった。むしろ、読書とかができるので…逆によかったと思う。
それはともかく、「紅白」でレベッカの「フレンズ」を聴いた。ノッコの歌声が懐かしかった。それで思い出した。映画『レベッカ』を観ていなかったことを…。

https://www.youtube.com/watch?v=DjcpbqnoU8E

積んであった廉価版DVDから、アルフレッド・ヒッチコック監督の『レベッカ』を観た。1940年のアメリカ映画。主演はローレンス・オリビエとジョーン・フォンティン。このジョーン・フォンティンは同じヒッチコック監督の『断崖』の女優だが、日本生まれとは知らなかった。
ダフネ・デュ・モーリア原作のサスペンス。モノクロ映像で人間の内面を描いている。

ジョーン・フォンティン扮する“わたし”は大金持ちのマキシム(ローレンス・オリビエ)と恋に落ち、結婚して…マンダレーにある城のような彼の屋敷に行く。マキシムは前妻“レベッカ”を亡くしていた。彼女の名がタイトル。
“わたし”はレベッカ付きだった家政婦長のダンヴァース婦人に理解されない。陰影によって個性が引き立つ撮影が美しく見事。やがて、“わたし”は前妻レベッカの影に追いつめられて行く。精神的に…。

そして、前妻の死の真相が見えてくるわけだが、回想シーンはなくレベッカの姿はいっさい画面に出ない。想像するしかない。それが逆に新鮮だった。


観逃している作品が数多く、古い映画を探求しているわしです。
映画表現の源流を知りたいし、それを観てみたいと思うのです。
ただ、時の流れは…古い映画にとっては過酷でもありますなぁ。


刑事ジョン・ブックを思い出すもエ〜ガね

先に『ブレードランナー』のことを書いたので、この映画を書かないといけませんね。
ハリソン・フォードが出た映画は『アメリカン・グラフィティ』や『スターウォーズ』や『インディ・ジョーンズ』などなどいろいろ観ましたが…もしかすると、これが一番好きかもしれません。それが『刑事ジョン・ブック 目撃者』です。

『刑事ジョン・ブック 目撃者』は1985年の作品で、監督はピーター・ウェアーでした。
http://www.youtube.com/watch?v=j6HqdBJ8oQs

都会に来ていたある少年が…事件の様子を目撃してしまう。実はこの少年とその母親は、特殊な生活様式に従って暮らしているアーミッシュだったのです。このことがきっかけで、ジョン・ブック刑事はアーミッシュの村に身を寄せることになる。
ところが、犯人はジョンの身近にいて…彼を暗殺するためにアーミッシュの村にやってくる。とまぁ、こんな話でした。

この映画が普通の刑事アクションものと違うのはもちろん、アーミッシュを描いている点です。詳しくはわしも知らなかったんですが、アメリカのどこだかには文明社会から離れ、厳格な規律に従って…まるで17世紀のような生活をしている信徒の一派があるのです。電気もテレビもない、とても静かな生活です。

日本にもアーミッシュのような人はいるんでしょうか。そういえば、南の無人島で全裸になって原始人のように暮らす爺さんをテレビで観たことがあるし、そういう人は他にもいるかもしれない。
わしも山へ行くとアーミッシュ生活に近い。でも、やはりわしは…都会でしか生きていけないだろうと思うのです。わしが山へ行くのは、再び下界(都会)で生き抜くためでしたからね。

アーミッシュの“静”と刑事アクションものの“動”。『刑事ジョン・ブック 目撃者』では相反するふたつがバランスよく同居していましたね。バランス、何事もそれが大事ですよねぇ。静かで力強い映画でした。
そして、一件落着のあとは、今までと同じように静かな風が流れ…今まで通りのアーミッシュの生活がつづいていく。まるで黒澤監督の『七人の侍』のラストのように…。

わしの好きな…忘れられない映画ですね。




ところで、2011年の7月からわしはプチ・アーミッシュに突入しているのです。
実は地デジ対応はせず、テレビのない生活が始まり…ずっと、今に続いています(笑)。
というわけで、ワールドカップ…サッカーも観られないのでした。日本の初戦はどうなるでしょうか。
観ていたものを観なくなることで見えてくるものもある。そのことにわしは気づき、ある種…何かを悟ったのかもしれません。

DVDラベル=刑事ジョン・ブック

アイデンティティで自分探しもエ〜ガね

普段、人はふたつの目で観て…物を立体的にとらえています。
もちろん、片目だけでも観ることはできる。でも、距離感とか立体感をとらえるのは難しいでしょう。右目と左目とを合わせて観ることで全体バランスを把握しています。

それって、脳も同じではないでしょうか!?
つまり、右脳と左脳とではそれぞれに異なった意識がある。それを、脳内ケーブルでつなぐことで立体的にひとつとして思考し…物ごとを把握しているような気がするのです。もし、ケーブルがうまく繋がらないとふたつの意識を持つことになるのかもしれません。

『アイデンティティ』を観てそんなことを感じたものでした。
わしはこの手のお話が大好き。DVDで観た『アイデンティティ』のことです。ジェームス・マンゴールド監督による2003年のアメリカ映画です。

http://www.youtube.com/watch?v=fcow2djY0QE

豪雨の日、11人の男女が安モーテルに避難する。そこで事件が…。
『スパイダーマン 2』でDr.オクトパス役だったアルフレッド・モリーナ演じる医師が出てきて、「階段を登って行くとそこに…」という詩のような言葉が語られる。わしは引き込まれました。実に興味深い題材です。
このタイプの映画、古くにはヒチコックの『サイコ』がありましたよね。

わしはおもしろい映画が大好きです。何におもしろさを感じるかは人それぞれですが…。
サスペンスなのでこれ以上はいえません。特にオチは決していえませんが、『アイデンティティ』は怖くて…とてもおもしろかったですね。

内容のヒントは…そう、タイトルです。
ジョン・キューザックやレイ・リオッタらがメインで出ています。とにかく、わしのお気に入り映画です。

今回は短いウダウダエ〜ガね日記でした。

DVDラベル=アイデンティティ
プロフィール

ネコタル爺

Author:ネコタル爺
FC2ブログへようこそ!
ネコ爺ことネコタル爺の高峰 至です。

http://neko.a.la9.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR