怪物はささやくに涙するもエ~ガね

真っ白なキャンバスのようだ…! 降り積もった雪で、白銀のファンタジーワールドができた。雪どけは大変だろうが…今はとてもとても美しい異世界だ。

そんな日にDVDで『怪物はささやく』を観た。監督は違うが、大好きな『パンズ・ラビリンス』の製作スタッフによる作品だ。

https://youtu.be/kXC_R2yut2M

監督がフアン・アントニオ・バヨナ。原作・脚本がパトリック・ネス。2016年のスペイン・アメリカの合作で、怪物の声をリーアム・ニーソンが担当している。

余命いくばくもない母親はリジーといったかな…絵を描く人だ。水彩画が美しい。きっと、イラストレーターか絵本作家になりたかったんだろう。
彼女とひとり息子の…多感なコナー。彼が主人公だ。母親に「目には命が宿るんだよ」とかいわれながら、彼は幼いときからいつも一緒に絵を描いていたんだろう。コナーのイマジネーションの源はそこに通じている。

『怪物はささやく』では怪物が3つの話をするが、わしはある3人を思い出した。

ひとりは…わしの『パンズ・ラビリンス』映画日記にコメントをくれた人。とても映画に詳しく、何者だろうと思ったらテレビのディレクターだった。その彼から『デビルス・バックボーン』を教えてもらって、渋谷のツタヤまでDVDを探しに行ったものだ。
彼もきっと、この映画を観ただろうな。

もうひとりは友人の水彩画家。オープニングや怪物の話の中での水彩画的アニメを観て、滲みやボカシとかがとても美しく…彼女の絵を思い出した。わしの日記を読んでくれてるだろうから…くれていたら、ぜひ、この映画を観てほしい。きっと気に入ると思う。

最後のひとりは…高齢の母親の介護をしながら就職活動をしている知人。本当の彼は根がやさしい人なのに、ときに火を噴く。過激な発言になるのだ。
怪物もいうように、物事の真実は一面だけじゃない。彼は火を噴くことによってバランスを保っているのかもしれない。もしかするとそれは…現実の辛さから逃れるためなのかもしれない。
自分の顔を自分で観ることができないように…きっと、彼の気持ちは彼自身にもわからないのだろう。それはコナーも同じなのだ。
乗り越えていってほしいな。少年も彼も…。と、そんなことを思った。

真っ白いキャンバスに心を描いていくような…そんな映画だった。わし好みの作品だ。
『怪物はささやく』はいわゆるモンスター映画ではない。『テラビシアにかける橋』タイプのナイーブな少年の物語。絵を描く人ならきっとわかる。怪物は…コナー少年と母親との記憶の中にいて、厳しくやさしくささやくのだ。

窓から見えるイチイの木のように、それはいつまでもそこにあるのだろう。

疲れたときはくだらないコンビニ・ウォーズもエ~ガね

超くだらない『コンビニ・ウォーズ バイトJK vs ミニナチ軍団』を観た。DVDで。
監督は『チェイシング・エイミー』や『Mr.タスク』のケヴィン・スミスらしい。『コンビニ・ウォーズ』は『Mr.タスク』のスピンオフらしいが…未見だしよく知らない。

https://youtu.be/F9heRdyxKUQ

主演はリリー=ローズ・メロディ・デップ。ジョニー・デップとバネッサ・パラデイの娘だ。
リリー=ローズ・デップが、バネッサのデビュー作『白い婚礼』のころとソックリじゃないか! デップの『パイレーツ・オブ・カリビアン』が映画だと理解できず「パパのお仕事は海賊なの」といってた幼子がこんなに大きくなったのか。子どもの成長は早い。

ヘンなヨガだけは夢中だが、学校もバイトもやる気がない女子高生ふたり組コリーン&コリーン。もうひとりのコリーンをケヴィン・スミス監督の娘のハーレイ・クイン・スミスが演じている。
彼女らがコンビニで、ミニサイズのナチス軍団をウジャパーッと呼び起こしてしまう。カナディアン・ヒトラー? 怖くないホラー? コメディ? 一応、ファンタジーに分類しておこう。

リリー=ローズ・メロディ・デップが、バネッサママの歌手時代を思わせるキュートな歌声を披露してくれる。今しかないかわいさを記録した貴重な映画かもね。
それにしても、リリー=ローズの両親や弟とか家族みんな出ていて学芸会みたい(笑)。デップとバネッサは離婚したはずなのに、こうして映画づくりでは一緒なんだなぁ。

ほんとにくだらない…おバカ映画(←ホメ言葉)だが、疲れて何も考えたくないときはこういうのもいいかもね。


素晴らしき哉、人生もエ~ガね

DVDで…1946年の『素晴らしき哉、人生!』を観た。フランク・チャプラ監督のすばらしい映画。情けない。この映画を観ていなかったんだから…本当に恥ずかしい。

https://youtu.be/usedno7aQVU

人生に絶望している主人公のところに二級天使が現れる。「自分なんていないほうがいい」という主人公に、二級天使は…彼がいないとどんな世になっていたのかを見せる。
命の美しさ、夢の大切さ、人生のすばらしさを謳いあげる。そんなファンタジーだ。

主演はアメリカの良心ともいわれたジェームス・スチュアート(トム・ハンクスは彼を継いでいるのかも)。そして、彼をやさしく温かく見守る妻役がドナ・リード。家族や街の人たち、いやもっと広く…民主主義によるヒューマニズムの映画だろう。

1946年…。その時代にここまでの映画ができていたんだなと感嘆する。


『天使がくれた時間』という好きな映画があった。過去のあのとき、別の道を選んでいたら…。おそらく、この映画がベースだろう。
もっとも、さらにベースにはディケンズの「クリスマス・キャロル」があるんだろうと思う。

今ごろ気づいた。石森マンガの「二級天使」も、この『素晴らしき哉、人生!』からの発想だったに違いない。ひとつの作品からのモチーフで別の作品が生まれる。それもまた、すばらしい。

今日はこれから、仕事の大先輩…というか恩人と35年ぶりに再会する。きっと、こんな話題にもなるだろう。


ロスト・チルドレンがわからなくてもエ~ガね

ずっと前に観て…よくわからなかった。今回、もう一度観たが…やっぱりまだわからない。
でも、わしの大好きな分野の映画であることは間違いない。それが『ロスト・チルドレン』だ。ジャン・ピエール・ジュネとマルク・キャロによる1995年のファンタジー作品。

https://youtu.be/isw0tAJcvyo

幻想的な雰囲気がすばらしい。テリー・ギリアムの『未来世紀ブラジル』みたい。
さびれた港町。怪力男のワン(ロン・バールマン)の弟が一つ目族にさらわれる。子どもスリ団のミエット(ジュディト・ヴィッチ)とともに弟を取り返しに行く。博士やその6人のクローン(ドミニク・ビノン)とかも出てくる。奇妙な映画だった。なぜか、フェリーニの『道』を思い出したりもした。

博士の「無と無限はつながっているんだ」とかってセリフもあったと思うが、そこのあたりが結局…よくわからなかった。哲学的な深いものがベースにある気はする。

おかげでヘンな夢を見た。石垣のある山の木の上に、わしは秘密の仕事部屋を持っている。そこはフランスの怪しげな路地裏に通じていて、わしは占いだかの店に連れられて行き、そこで昔の知人に出会う…。
わしの夢はどうでもいいが、この『ロスト・チルドレン』も夢が重要な役割をしている。というか、全体が夢のような映画だった。もっとも、ファンタジーとは本来、そういうものなのだろう。

夢といえば『インセプション』もあったなぁ。あれはSFか。ならば、『ロスト・チルドレン』をSFと分類してもおかしくはない。

ヒューゴの不思議な発明を語るもエ〜ガね

わしは奇妙なもの、不思議なもの、神秘的なものが大好きだ。

美術品をつくっている若い人に出会った。彼との接点は美術品だけでなく、酒、書籍、服飾、自転車、音楽、マンガ、写真、染色、猫、岩山、洞窟、奇妙な物…などなど、話を聞いていると趣味嗜好以上に通じるように思えた。

そして、彼の小さな美術品を観て…マーチン・スコセッシ監督の『ヒューゴの不思議な発明』のことを思い出した。

https://www.youtube.com/watch?v=N1CRnFTKGro
https://www.youtube.com/watch?v=UXgYiwBAbHA

『ヒューゴの不思議な発明』はパリを舞台にした2011年のアメリカ映画。原作はブライアン・セルズニック。分類でいえばファンタジーだろう。でも、実は…これをいうと内容のほとんどを伝えることになるが、ジョルジュ・メリエスという映画の創始者ともいえる人の話が骨格にある。

モンパルナス駅の時計台に隠れ暮らす孤児のヒューゴ(エイサ・バターフィールド)。彼は亡くなった父から壊れたオートマタ(機械人形=ォトマトと聴こえた)を渡されており、それを修理する工具を得るために…駅構内の玩具屋に行く。そこにいたのがかつてシネマジシャンとも呼ばれたジョルジュ・メリエス(ベン・ギングスレー)。

ジョルジュには養女イザベル(クロエ・グレース・モレッツ)がいて、ヒューゴは彼女といっしょにジョルジュの過去…映画にまつわる歴史の世界に入っていくことになる。リュミエール兄弟の初の映画…汽車が到着する場面とか、そこでは貴重な映像が紹介されている。まさに映画愛。映画の源流。大河の一滴。

ジョルジュ・メリエスは映画創成期の技術開発者で、初の映画監督ともいわれる人。作品には月にロケットが突っこんでいる絵で知られる『月世界旅行』などがある。直接、フィルムに着色したりもしている。でも、映画は変わった。自分の作品は古い。誰も見向きもしない。自分はもう大昔の人間で…死んだも同じと思っている。

ヒューゴ少年がオートマタを修理したことがきっかけで、ジョルジュ老人の心に生の光が灯る。そういう意味では“発明”ではなく『ヒューゴの不思議な修理』だと思うが、それは発明に匹敵するということだろう。

ジョルジュはマジシャンだった。映画というマジックそのものが発明だったといえる気もする。
それにしても、マーチン・スコセッシ監督の映画としては異質だと思う。フィルムにこだわった監督の初のデジタル作品だという。おそらく、安心して子どもに見せられる初めてのスコセッシ作品だろう。
ただ…これは冒険ものというわけでもなく、ジョルジュ・メリエスを知らない人に興味を持って観てもらえるだろうかとも思った。


高齢者の深い知識もありがたいが、若い人の…希望という名のエネルギーはいい。若い人に感化されてどうするんだって人もいたけど、わし考えはちょっと違う。もっとも、若いエネルギーを感じたとき、自分が老いたと気づくということかもしれないけど…(笑)。

プロフィール

ネコタル爺

Author:ネコタル爺
FC2ブログへようこそ!
ネコ爺ことネコタル爺の高峰 至です。

http://neko.a.la9.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR