関ケ原に思いを馳せるもエ~ガね

鎮魂の意味もあり、わしはこの時期…カラオケで「防人の歌」「CLOSE YOUR EYES」…そして、「群青」を唄う。
気になるのは歌の画面に軍艦や戦闘機など、当時のニュース映像が使われているものがあること。辛い…。どういうセンスなんだろうと思う。
単に予算削減かな。以前、カラオケ歌画面の絵を安価で描いてほしいという打診もあったから…。


それはさておき、その昔、この時期に関ケ原の戦いがあった。
火蓋が切って落とされたのは慶長5年(1600年)の9月15日だ。これは豊臣と徳川の戦いじゃない。徳川本隊は真田の兵に阻まれて関ケ原に間に合わなかった。むしろ、豊臣の内紛といえるんじゃないかな。その上に鎮座したのが徳川家康だろう。

原田眞人監督の映画『関ケ原』が公開される。それに合わせて、まだ読んでなかった司馬遼太郎の「関ケ原」上・中・下巻を読んだ。いや、正確には下巻の途中まで読んだ。3冊の原作小説と2時間の映画では情報量が違いすぎる。原作を読んでから映画を観ると「あのシーンがない」とか映画に不満が残るかもしれない。だから、途中まで読んで…観てから残りを読むことにしたのだ。

原作では作者が解説をしながら小説世界に入っていく。当然、基本的には史実だ。が、巧みに書かれているため、どこまでが史実なのか創作なのかわからなくなる。初芽という人物がそうだ。わしはそんな名前を聞いたことがないので架空だと思うが、もしかしたら歴史の影にいたのか。
いや、そんなはずはあるまい。おそらく、石田三成の純粋さを浮き彫りにするために創作された人物だろう。

三成が「おれはすこし老けた。しかし、これ以上老けることはあるまい」と気になるセリフをいったところで原作をストップしよう。つづきは映画を観てからだ。

https://youtu.be/L98V5YBHbTI










うまくつながるかどうかわからないが…結論を先に書いておこう。
関ケ原で先に仕掛けたのは石田三成だ。でも、先に仕掛けるように仕向けたのは徳川家康かもしれない。純粋な三成を扇動したのかもしれない。


同じように、もしかすると日本が先に戦争を仕掛けるように仕向けたのは…ルーズベルト大統領だったかもしれない。


ショージとタカオを悼むもエ〜ガね

新聞の小さな記事で知った。布川事件の…タカオ氏が亡くなった。ドキュメンタリー映画を思い出す。
20歳で逮捕されて、64歳で無罪ですよ。自由になってから何年生きられたんだろう。 人生、丸ごと返せッですよね。
あ、すみません。亡くなったのはタカオ氏。ショージとタカオというのは…ドキュメンタリー映画のタイトルです。

https://www.youtube.com/watch?v=s8CbiSmc1UM

これをおもしろいといってはいけないのかもしれませんが、何年前になるのか…渋谷の[アップリンク]でおもしろい映画を観ました。『ショージとタカオ』という井手洋子監督の構成・撮影・編集によるドキュメンタリーです。「さしさわりのある映画特集」での特別上映でした。
以下はその当時のわしの映画日記…。


1967年に茨城県布川で強盗殺人事件が起き、その頃…不良だったショージとタカオはその犯人にされ、投獄されたのです。そういうことのようです。その後、ふたりは獄中から無実を訴えつづけて29年…。
仮釈放されてからのふたりのオッサンを13年間追ったドキュメンタリー映画。トータルで14年間の…冤罪に関わる記録がこの『ショージとタカオ』なのです。
小柄でガッシリしたショージと長身でヒョロッとしたタカオは…アボット&コステロのデコボココンビみたいで絵になりますね。

ヒネクレ者のわしなんか、ショーン・コネリーが主演の映画『理由(JUST CAUSE)』を思い出しました。冤罪だと信じて外に出したら実は…みたいなドンデン返しがラストにあるのかもなんてトンデモナイことを思ってしまいそうでした。 考え過ぎです。映画好きの弊害ですな(笑)。

この『ショージとタカオ』という映画、冤罪という重いことを描いていながら、決して重くはありません。リアルに伝わってくるものの…大上段に、警察の取り調べとか検察とか裁判とか司法制度を問うている映画ではないのです。そういう点では、花輪和一の体験マンガを映画にした崔洋一監督の『刑務所の中』のユーモアにも通じるのかもしれません。

かつて、「普通の女の子に戻りたい」と芸能界を去ったキャンディーズがいましたが、ここでは「普通のおじさんになりたい」という懸命なふたりのオッサンの姿を…上からでも下からでもなく、普通に記録しているのです。この普通さにとても好感を持ちました。
思わず笑ってしまうようなことも起こる。獄中に29年いて娑婆へ出たら、それこそ浦島太郎状態ですからね。例えば、20円だった電車賃は今、ずっと高い。切符の買い方もわからないとか、女子高生のスカートの短さに驚嘆するとかね。

20歳くらいで投獄されて、仮釈放されたのが50歳くらい。つまり、青春のすべてを獄中で過ごしているわけです。すごいことですよ。
やっと塀の外に出たのに…いろいろな新たな見えない塀が立ちふさがる。しかし、生きることへのオッサンパワーはすごい。就職が厳しいと「塀の中は3食付きだったからなぁ」なんてグチも出るものの…立ち向かって切り開いて行く。すごいですよ。

『ショージとタカオ』は決して芸術性の高い映画ではありません。最初のあたりはカメラもフラついてますしね。素人っぽい感じも受けます。
でも、生きる…生きている実感がある。活力がある。希望がある。わしが希望をもらったってことですけどね。わしはずっと娑婆にいるんだから、負けずにがんばらなくちゃってね。

気が重くなるような映画だろうと覚悟していたんですが、ここまでポジティブなエネルギーがもらえるなんて驚きでした。
30年近くも獄中にいた者ゆえでしょうが、梅の花の香りとか…日々のほんの些細なことの中に生きていることを発見する。そのことのありがたさを噛みしめている。人生を取り戻して…紡いで行く。そのオッサンの姿。わしは心打たれたのです。それを抽出したのは井手監督の手腕でしょう。


映画が終わってから、井手洋子監督らと近くの居酒屋で呑んで語り合いました。仮釈放から3カ月くらい撮るつもりが長くなったとか、費用がいくらかかったとか、英訳を付けて外国でも公開したいとかね。たのしい語らいの時間でした。映画制作への夢というか、まだわしにも情熱が残っているようです。

CG映画ばかりで食傷気味のこのごろ。マイケル・ムーアじゃないけど、今おもしろいのはドキュメンタリーかもしれません。
2時間半以上の長尺の『ショージとタカオ』ですが、最後までおもしろく観ることができました。その昔、原一男監督による『ゆきゆきて、神軍』というすばらしいドキュメンタリー映画がありましたが、それに匹敵するかもしれません。


タカオ氏の冥福を祈ります。合掌。



日本のいちばん長い日を考えるもエ〜ガね

国、滅びてはまたと還らず…。8/15を敗戦記念日と呼ばず、終戦記念日という。これだけでも考えさせられる。

今、半藤一利の「日本のいちばん長い日」を読んでいます。原田眞人/脚本・監督による『日本のいちばん長い日』を観たからです。原田眞人とは…『ラストサムライ』で大村という実業家大臣を演じたあの人ですよね。

https://www.youtube.com/watch?v=LxEWiHiiCkk

もちろん…大昔に、橋本忍/脚本、岡本喜八/監督による『日本のいちばん長い日』を観ました。
どちらがわかりやすいかといえば…岡本喜八版かもしれない。というのは、出だしと最後に仲代達矢の声でナレーションが入っていたからです。まるで、ニュース映像を観ているようでした。

https://www.youtube.com/watch?v=KOvR2qk9UC0

新作の原田眞人版はドキュメンタリーみたいでしたが、これだけで観ている若い人はわかるのかなとも思いました。でも、映像として美しい場面もあり、好きですけどね。

ポツダム宣言を日本がどう受諾するか。戦争をどう終結させるか。
2作とも、天皇の声…つまり、玉音放送をラジオで発表するまでが描かれています。

原田眞人版では…決定的な大きな違いがあります。それは天皇が出ていることです。本木雅弘=モックンが天皇を演じています。当時44歳だった…人間天皇です。天皇の内面をここまで表現した映画はなかったでしょう。 あ…いや、そういえばアレクサンドル・ソクーロフ監督の『太陽』がありましたね。

岡本喜八版では天皇は出ていない。いや、画面に出ないように配慮されていました。でも、だからこそ伝わる部分もあったのですけどね。
岡本喜八版にないシーンが原田眞人版にあり、原田眞人版にないシーンが岡本喜八版にありました。ともに重要です。映画としてどちらがよいのかは…わかりません。

人間、平和なときは平和を忘れる。健康なときは健康を忘れるように…。
今、終戦が語られるのは戦後70年ということも当然あるけど、3:11の惨状にその当時を重ねたということもあるかもしれません。

その当時、陸軍は本土決戦を望んだわけです。本土決戦となれば…もう、桜の花は咲かなかったでしょう。その陸軍のトップが阿南(あなみ 天皇はアナンと呼んでいた)陸軍大臣です。旧作では三船敏郎が、新作では役所広司が演じています。

天皇は阿南にいわれる。「アナンよ。辛抱してほしい」と…。そして、天皇は鈴木首相にいわれる。「国民は苦しんでいる。このままでは日本民族は滅びてしまう。私はどうなってもかまわない。どこへでも行く。何でもする。ポツダム宣言を受け入れて戦争を終わらせてほしい」と…。
この鈴木貫太郎首相を…旧作では笠智衆が、新作では山崎努が演じています。

国民に終戦を伝えるための玉音放送だったわけです。日本の終わりであり…始まりです。

しかし、陸軍の青年将校らは納得しない。戦争には勝利か死しかない。たとえ、最後の一兵になろうともアメリカ兵を迎え撃たんと考える。内閣をひっくり返し、軍事政権をと画策する。クーデターです。天皇の声を入れた録音盤を奪取して…戦争をつづけようとする。
純粋で熱い畑中少佐を…旧作では黒沢年男が、新作では松坂桃季が演じています。

陸海軍合わせて240万の戦死者が出たんですね。でも、そのうちの7割近くが餓死だという。それって戦死なんでしょうか。広島や長崎などで亡くなった人を入れれば…300万人以上でしょう。いったい何なんでしょう。戦争って…。
何だったのか。それはわしら日本人、一人ひとりの課題でしょう。

ドキュメンタリー映画『ゆきゆきて、神軍』もありましたね。異質なところでは『キャタピラー』というのもありました。

今更、責任うんぬんを語ってもどうにもならない。ただ、マスコミ(新聞)の煽動力だって大きかっただろうと思う。とはいえ、好戦的な記事を載せると新聞がよく売れたといいますから、戦意を高揚させ、マスコミを煽ったのは国民…という側面がまったくないとはいえないのかもしれません。
日本は戦争の道に突き進んでしまった。一種の集団催眠みたいなものだったんでしょう。

しかし、戦争を始めるのは簡単でも…終わらせるのは簡単じゃない。
首相の補佐的立場で奔走するのが迫水書記官で、旧作では加藤武が、新作では堤真一が演じています。

最終通告のポツダム宣言に対して、日本は軽視の対応をしている。当時の新聞には「笑止」という言葉さえある。それが相手国に「拒否」「戦争継続」として伝わったことが広島の原爆投下につながったのでしょう。あわてた日本側は会議を開き、その会議の最中に長崎にも投下される。さらに、ソ連も参戦してくる。

もう、自分たちで何も決められなくなった首脳部は天皇に“聖断”を求める。それが「このままでは日本民族は滅びてしまう。私はどうなってもかまわない。ポツダム宣言を受け入れて戦争を終わらせるように」となるわけですよ。

日本側はポツダム宣言受諾に際して、“国体護持”の条件をつける。アメリカ側は「この場におよんで条件をつけるのか」と呆れながらも「今の天皇でなくてもいいんだろ。天皇には弟がいる。制度として残してやればいいじゃないか」と考える。日本が存続するか消滅するか…ギリギリだったわけですよね。
こういうあたりのことはアメリカ映画『終戦のエンペラー』も参考になるでしょう。

わしはこれまで、宗教と政治に関することは書かないようにしてきました。語れるだけの知識もないからです。でも、今回は映画の内容が内容だけに深入りしてしまったかもしれません。これくらいにしておきます。ごかんべんください。

あと一言だけいうならば、おそらく…正義の戦争なんてない。日本は過去を直視して、その上で前を向いて平和の道を歩いてほしい。子どもたちの笑い声がいっぱいの未来であってほしい。

戦争は映画の中だけでいい…。以前よりもずっと強く思います。

実は『日本のいちばん長い日』の上映館には若い人が少なかったのです。高齢者が目立ちました。知らないということは怖い。これからの日本をつくる…もっともっと若い人に観てほしいですね。そして、原田眞人版を観たら…是非、DVDで岡本喜八版も観てほしいものです。

原作は2作ともに、15歳で玉音放送を聞き…それを探求してまとめた半藤一利の「日本のいちばん長い日」です。

禅 ZENで悟りを得るもエ〜ガね


わしは異業種交流会に入っているのですが、あまり出席していません。最近、新会員が加わり、その人は映画に関係する仕事をしているとのことだったので…映画の話をしようとイソイソ出かけたのです。

彼は『禅 ZEN』に携わったといってました。おそらく、この映画のことでしょう。
そんなこともあり、かつて観たこの作品を取り上げることにします。
レンタルDVD店で見つけながら、借りて観るまでに1年もかかった作品です。説教くさい映画だろうと思い、敬遠していたのです。

http://www.youtube.com/watch?v=fnWXt-3I1U4
http://www.youtube.com/watch?v=AB--V-De_LM

わしはもともと鎌倉仏教に興味があったんですよ。インドに生まれた仏教が永い歳月をかけて日本に伝来して、法然、親鸞、栄西、道元、一遍、日蓮という6人が開宗した。そんな鎌倉時代にも魅力を感じていました。
とはいっても、わしは無宗教です。比較宗教学とか文化としての宗教を探求することが好きなだけなのです。

『禅 ZEN』は道元の生涯を描く、いわば“説法”映画です。監督/高橋伴明。主演/中村勘太郎。
孤高の道元が座禅修行ののち、圧迫を受けて…越前で永平寺を開く。当然、道元禅師が人々に伝えようとした精神を真面目に描いていて、セリフには四文字熟語とかがいっぱいでした。

興味深いのは「弁道」という言葉。この世のあらゆるものは昔からそのままの姿でそこにあり、隠すことがない…というような説明。

「悟り」というのも、難しいことを習得することではなく、執着を捨ててあるがままを受け入れることだと諭す。考えることをするな、悟ろうとするなという。ただ、摂受するだけだという。そこには「非思量」という言葉さえも出てくる。
春は花、夏ほととぎす、秋は月。冬、雪さえてすずしかりけり。
そういう、当たり前のことを当たり前にそのまま感じ取ればいいのだという。それが「悟り」ならば…それほど簡単でそれほど難しいことはないでしょうね。

『死ぬまでにしたい10のこと』という洋画がありました。もしかすると、あの映画の主人公アンが達した境地もこれだったのかもしれません。
「じゃ、お先に」と遺書に書いて、47歳で亡くなったアニメの今敏監督のことも考えました。

道元禅師はいう。天に道あり。地に道あり。人に道あり。もって安穏なり。
「生」のとき、生よりほかにものはなく、「滅」のとき、滅よりほかにものはなし。
つまり、生も死もあるがまま。…なるほどと思う。 中村勘太郎の熱演もあり、わかったような気持ちになって思わず手を合わせてしまいそうでしたね。

CGを使わねば禅師の精神を表現できなかったのかとか…映画に関しては思うところもあったのです。でも、それ以上にわかりやすくありがたい映画でした。
観るまでに1年かかりましたが、観てよかったです。


余談ですが、“説法”映画といえば、大昔…無理やり連れて行かれて公民館で観た『人間革命』での丹波哲郎の演説が見事でした。丹波哲郎は『砂の器』などで演説調にしゃべる演技が上手でしたが、『人間革命』で開眼したのではないでしょうか。
この映画の権利は宗教団体が持っているので、一般的には観ることができないようで…映画としてよくできていただけに残念ですな。


それはともかく、『禅 ZEN』を観てわしなりに感じ取ったのは「死にがいのある生き方」ということでした。そういう意味で、この作品はわしの心の中で見事にシェイクしたといえるでしょう。

あらゆる映画をあるがままに受け入れる。それがわしの望みです。
異業種交流会の彼とは、こんな話題で語り合ってみたいものです。
本当は会員の方々から、人生を動かした映画について教えていただきたいのです。
でも、世の中の多くの人にとって…映画はそこまでの大きな存在ではないのかもしれませんな。

ゆきゆきて神軍で偲ぶもエ〜ガね

わしは迷っていました。この映画を観るべきかと…。ドキュメンタリー映画『アクト・オブ・キリング』のことです。渋谷の映画館の前まで行ってやめ…新宿の映画館の前まで行ってやめ…ついに上映が終わってしまった映画のことです。

わしが映画を好きなのは、おそらく…それが真っ赤なウソだからなのです。虚構の世界だからです。映画ってそういうものでしょう。ウソほどたのしいものはない。特にSFやファンタジーが好きなのも、大ウソをホントと感じたい。感じさせてほしいと願うからです。

しかし、ドキュメンタリーは違う。作為的にウソが混ざっているとしても…基本的にはホントのことです。だから…怖かったのです。『アクト・オブ・キリング』を観ることが…。
インドネシア大統領のスカルノがクーデターによって失脚し、その後に起こった大虐殺を…虐殺した人たちに演じさせる。加害者側から描くというその映画が、邦画の『ゆきゆきて神軍』に匹敵する秀作であることは想像できました。だからこそ…怖かった。観るのが辛かったのです。

http://www.youtube.com/watch?v=Mu68nD5QqP0

今、最もおもしろい映画の分野はドキュメンタリーかもしれません。しかし、実話であることを考えると…おもしろいといっていいのかと自己嫌悪にも陥ります。



さて、その『ゆきゆきて神軍』ですが…今村昌平の企画で、原一男監督による…反体制に生きる強烈な個性の男をフィルムに収めたものでした。観たのは大昔。30年ほど前でしたね。
恐ろしい映画でした。「知らぬ存ぜぬは許しません」がキャッチコピーでしたね。

http://www.youtube.com/watch?v=NbKmkzR-Nc4

その映画観賞よりもずっと前、つまり…わしが子どものころに地元の高齢者から、海の向うの戦地へ赴いたときの話を聞いた記憶があったのです。驚くことに、その高齢者は戦地で人肉を食べたというのです。
わしはウソだと思いました。子どもをからかっているのだと…。

しかし、『ゆきゆきて神軍』を観たとき、あのときの高齢者の話はウソではなかったのかもと感じました。
そうなんです。『ゆきゆきて神軍』の中では戦争当時のそういうことに対して、奥崎謙三は狂気を持って追求するのです。食べられたと想定される軍人の家を探し出し、その事実だかを家族に突きつける。「あんたの息子は食べられたんだぞ」と…。
また、それを命令したとされる当時の上官を見つけ出し、ズカズカと家に上がり込み責任を求め殴りかかる。「なんでお前は生きているんだ!?」と…。
そんな奥崎に元上官は、「戦地でのことは覚えていない。思い出したくない」と応える。確かそんなシーンがあったと記憶しています。

戦争によって生み出されたと思われる奥崎謙三。映画の内容とともに、彼の強烈なキャラクターに圧倒されたものでした。そして、ドキュメンタリー映画ってすごいと痛感したのです。

太平洋戦争というものが何だったのか、わしにはわからない。
ただ、戦場で亡くなった軍人の多くは餓死だったのです。それは事実です。食料がなくなり、飢えて死ぬとはどういう状況なのか。そうなったとき…人はどうなるのか。食べ物を得るために人は何をするのか。
子どものときは知らなかったものの…大人になるにつれて、そういうことを知りました。歴史の…その奥を知ればわかります。

それとも、すべては幻想だったのか。そうであればいいんですけどね。

6/23は沖縄慰霊の日でした。太平洋戦争末期の…旧日本軍の組織的戦闘が終結した日。言葉にするのも辛いけど、凄惨な地上戦だったのでしょうね。
そういえば、フィリピンのルバング島で小野田元少尉を見つけたのは…知り合いだった鈴木紀夫でした。彼とは“雪男”談義をしたものです。雪男がウソとはいわないけど、やっぱりそういう話のほうがいい。

次はそういうウソの映画話を書くことにして、今回は…さだまさしの「防人の詩」でも唄いながらピリオドとさせてください。

プロフィール

ネコタル爺

Author:ネコタル爺
FC2ブログへようこそ!
ネコ爺ことネコタル爺の高峰 至です。

http://neko.a.la9.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR