fc2ブログ

中山道を歩く 14

11/5から7日で、醒ヶ井宿から草津宿を歩いた。最後の中山道歩き…これを記録しておこう。


江戸日本橋から京都三条大橋までの538キロ。それを歩ききるまでに7年ほどもかかった。皇女和宮は東下りに3カ月かかったとかいわれてるから…わしらはずいぶんと遅い。

ネコ爺・ハナ爺のスケジュール。天候、気温。それに宿の問題。さらにコロナもあった。しかし、とにかく一応は無事に歩き終えたのだ。


今回は新幹線で米原まで行って…醒ヶ井宿からスタートだ。実際には見えないが琵琶湖に沿って…以前行った草津宿の東海道と重なる「追分道標」まで歩いたのだ。


映画『ブレット・トレイン』ではマトモに米原駅を使ってたな。そこから普通列車で醒ヶ井へ。「ヶ」があったりなかったりする。さめがいだ。

醒ヶ井宿はすばらしくよかった。宿といっても…昔のこと。でも、ここでは地元の人にしっかり守られてた。
ヤマトタケルが使ったといわれる居醒泉(いさめがい)という湧き水があり、古色蒼然とした佇まい。“湧き水コーヒー”を飲んだ店にはTOKIOの国分太一の写真とかもあったな。

加茂神社にはお参りしたが、季節が違うらしく“梅花藻”は見られなかった。
彦根へ出て、[東横イン]に宿泊。同じ宿に2泊するのだ。


宿に、同い歳くらいの自転車乗りのグループがいた。元気だなぁ。
中山道を自転車で走ることは…できない。登山道のような険しい道もあるからだ。

翌日、「瞼の母」番場忠太郎の[番場宿]へ向かう。宿場といっても、今は本陣跡の石像とかがあるくらい。
[番場宿]の規模に関する記録をまとめた郷土史家、江竜さんの話を聞いたりもした。

摺針峠から琵琶湖が見えるはずだったが…道を間違えたか。中山道が線路に沿ってるわけがない。そのかわりにトンネルを通った。暗いけどユニークでよかったよ。

[鳥居本宿][高宮宿][愛知川宿]…このあたり、記憶があいまいになってる。[高宮宿]は電車で飛ばしたかもしれない。近江鉄道があるんだな。近鉄かと思った。

帰りに雨になった。雨具を着たのは初めてだった。駅がスーパーマーケットとして活用されていたが、客はいなかったな。過疎化してるところが多いのだ。
昔の旅姿を模した彦根市のモニュメントがよかった。


[東横イン]に宿泊して、3日目。
彦根といえば、この日は横道にそれた。彦根城の近くに行ったのだ。町の雰囲気が…荘厳でよかった。
もしも、信長の安土城が健在していたら…琵琶湖の水は城のそばまで来ていたはずで、そうなると彦根城は…とか思いは広がっていく。

[愛知川宿][守山宿]を通って[草津宿]の「追分」の道標に向かう。
ところが、「追分」が見つからない。中山道と東海道の接点だ。地元の人に聞くが知らないという。
そこまで行けば前回と通じる。6人くらいに聞いたが知らないので、草津駅の職員に聞いて…やっと判明。

草津川跡地が公園の「de愛ひろば」になっていた。そこのレストランで食事。
かつて、[草津宿]は中山道と東海道が合流する大きな宿場だった。自分が住んでる街を知らないって何だろう。情けない。
とはいっても、外国人に日本の歴史を問われたとしても…わしは応えられないだろうな。

「東海道を歩いたので、今は中山道を歩いてる」という人に出会った。いるんだねぇ。そういう人が。
ガイドにガイドしているという川端さんという物知りに出会って、しばらく一緒に歩いた。わしは児島幸多の「中山道を歩く」を参考テキストにしていたが、このオジサンもそうだったのかもね。


町々で人々が暮らしてる。行き交う人に、わしは昔の彼女の面影を見たりもした(笑)。
思えば…7年かかった。中山道はながい道のりだったな。


わしらは同い歳の爺さんだ。生きてるうちに歩きたいと冗談でいってたが、ホント…ギリギリだもんねぇ(笑)。
もしも、「京都三条大橋から江戸日本橋(東京)まで歩くのですが、経験者として一緒に行ってもらえませんか」といわれたら…。
そんなことをいい合って、ネコ爺・ハナ爺は苦笑い。

ありがと! ハナ爺。おおきに、だんだん!


沈黙の艦隊がエーガね

『沈黙の艦隊』を観た。主演&プロデュサー/大沢たかおの本気度が伝わってきた。

潜水艦内の緊迫した雰囲気がいいね。片や、政治面がちょっと弱かったかもね。

原作の3巻くらいまでだった。まともにやるなら…映画は3作必要だろうな。








中山道を歩く 13

以前は歩いてるというと「すごいですね」といわれた。今は「まだ歩いてるんですか」といわれる。



3/12、名古屋まで初めて新幹線を使う。前回戻ったところまで行くのだ。
7:00東京発。名古屋8:30着。岐阜へ行って、名鉄で前回の[茶所]に着く。9:40になっていた。

前回、[加納宿]の手前だった。すぐに着くと思っていたのに…宿場跡に着かない。わしらネコ爺・ハナ爺はいつも出だしでつまづく。

中山道を探して歩き回る。表示がない。下調べがイイカゲンだからだ。10:30から30分、[デニーズ]で朝食。長良川沿いの加納の街をカノウテンメイという写真家がいたなぁとか関係ないことを思い出しながら…ウダウダ歩く。

無駄に北周りしたかもしれないが、人生に無駄はない。おかげで川面にいっぱいの水鳥とか…花道を歩くハナ爺とか、思いがけない光景に出会った。これもいい。もう二度と出会えない風景だ。
13:00に[河渡宿]に着く。こんなんなら、岐阜県美術館にも行けばよかったと今頃になって思う。遠くの山には岐阜城がそびえていたな。次には行ってみたい。

記憶があいまい。13:00[和食さと]で昼食。やっと[美江寺宿]にたどり着く。美江神社の境内で写真撮影。
美しき長江のごとくあれといわれた場所とか。確かに長良川は、荒い木曽川とは一味違うね。そこには懐かしき日本の姿があった。

その後、樽見鉄道で[美江寺駅]から[大垣駅]に移動。電車内のキャラが友人の絵に似てる。17:00くらいに予約していた[スーパーホテル]着。風呂に入って、荷物を置いてビールを求めて夜の街へ。この日33443歩。



3/13起床6:00。バイキングの朝食を終えて、8:00出発。
再び[大垣駅]に行く。樽見線のかわいいカンガルーキャラ付きの一両編成の電車に乗って、もう一度[美江寺駅]へ。ここは駅もかわいい。プチ無人駅で、ベンチにふたりが眠れるスペースがある。夏ならここで寝るもありかもね。
[千手観音堂]など、[美江寺宿]のつづきを観ながら歩く。小川が流れてたな。

10:45コーヒー屋で休憩。揖斐川を渡って…[赤坂宿]に着く。船待ち宿場として栄えたらしい。火の見やぐらの元に[赤坂港跡]という碑が建っていた。
東海地方で最大という[昼飯大塚古墳]というのがあった。昼飯は[ひるい]と読む。そういえば…昼ごはんはどこで食べたか、記憶にない。

[垂井宿]に到着。松尾芭蕉が籠った[本龍寺]や[松島稲荷神社][伊富岐神社]の前を通る。
電車で[大垣駅]の[スーパーホテル]に戻る。17:00くらいかな。濃尾平野のこのあたりは宿泊施設がなく、同じホテルに2泊したのだ。感じいいホテルで安心。
荷物を置いて、夜は珍しく焼き肉屋へ。この日はいっぱい歩いた。41922歩。



3/14朝8:00、手慣れたバイキング朝食を済ませて出発。[関ケ原宿]へ向かう。

壬申の乱から天下分け目の戦いまで、[関ケ原]は思い描いてきた場所だ。でも、だいぶイメージと違う。広いのだ。遠くに徳川家康が配した桃配山。対する西には関ケ原を見渡せる笹尾山の石田三成。大谷刑部の陣営跡とか、各陣の標識があった。それら[首塚]などを横目に、わしらは中山道を行く。

人家はあるものの寂寥たる思い。[関ケ原]はどうしてもね…。
それにしても、中山道として観るところが少なくなってる感は否めない。でも、自分を見ているというか、そういう思いは膨らんでいく。歴史のせいか…。

源義経の母の[常磐御前の墓]もあった。
「鶯の滝」も通ったな。伊吹山地と鈴鹿山脈の間。“不破道”と呼ばれたのはこのあたりだろうか。
関東・関西を分けるようになった[不破関跡]を通り、今須峠を歩いて[今須宿]跡へ。
今風にいえば岐阜県と滋賀県の県境。美濃と近江だ。昔は国境を挟んで寝ながら会話できたので「寝物語の里」と呼ばれたそうな。

近江路に入って少し迷ったが、昼過ぎに[柏原宿]に着く。
[三丁目キッチン]で昼食。ここの宿場はよかった。当時の様子を残そうとしてくれてる。じっこりと観て歩く。映画監督・吉村公三郎の故郷だったんだね。
春の日和。伊吹山も綺麗で、山頂には雪も見えた。いつか登ってみたいな。

今回の中山道歩きはここまでだ。[柏原宿歴史館]や[柏原一里塚]は次にして…13:45、東海道線の[柏原駅]から東京へ戻ることにする。21886歩。



次回は…きっと5月。[草津]から[三条大橋]はすでに歩いてる。[柏原宿]から[醒井宿]ほか6コの宿場を通って[草津宿]でオシマイになる。そこからは東海道と重なるしね。
琵琶湖の畔の道だ。2泊すれば歩ける。[草津宿]で大団円! 

終わってないけど、538キロはながい道のりだった。ラストは爺さんふたりだけじゃなく、誰かが参加してくれるとうれしいなぁ。



中山道歩き(13)も終盤でエ~ガね

わしらは中山道を歩いている。わしらというのは、わしネコ爺ともうひとり、ハナ爺だ。

中山道(なかせんどう)は京都三条大橋から東京日本橋までの538キロをいう。北回りのため山道だが、堰止めの河は少なく、昔は東海道よりもメジャーだったらしい。わしらは行っては戻るを繰り返しているのだ。

廃れた宿場も多い。ほとんどがそうだけどね。
[安中宿]は「安政遠足」と呼ばれる日本最古のマラソンが行われた場所。遠足どころか、わしらは遅足なのだが(笑)。
碓氷峠の[坂本宿]では山ヒルに襲われた。どこから現れたのか、体中を吸われたのだ。皇女和宮も驚いたに違いない。

[妻籠・馬籠]という宿場は駅でいえば、東口と西口くらいに思っていた。とんでもない。その間、険しい山道を2時間も歩いたのだ。だが、心の安らぐ[妻籠宿]。あの宿場町にはもう一度行ってみたい。

神社は何を祀っているのかはわからないが…ありがたい場所だ。わしらは神社めぐりの感もあるが、これぞ日本人の神道の神髄だろう。

わしらにとって大変なのは旧道を探すこと。山の断面を見ると地層が見えるが、歩いていると文化の地層を感じる。旧道の上に新道ができて、その上にさらに新しい道路ができたりしている。

自治体によっては旧道をわかりやすく表示しているが、地元の若い人に聞いてもわからなかったりするのだ。「旧中山道」を「いちにちなかやまみち」と読んだアナウンサーもいたというから笑ってしまう。

今年こそ、残りを歩き切る。538キロの中山道69次を。
歩いた8年分のスケッチを元に、来年は個展を開くもいい。といったら、オニは笑うどころかシッシンするだろうか。


アバター:WoWが美しくてエ~ガね

新作『アバター』は『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』なので、『アバター:WoW』と表記するらしい。

わしは当然、公開初日に観ている。席が確保できるかと心配したが…それほどでもなかった。そのときの不安は…興行成績3位スタートに表れている。

1作目でスカイ・ピープルのジェイクはナヴィ族となった。今回、ジェイクの家族が6人くらいいるのだが、皆青くて…わしにはその判別がわかりにくかった。

感情移入がしにくいのだ。人間の子だけが目立っていた。
その意味でも…肌の色のバランス的にも1作目のほうがメリハリがきいてたな。

記憶を移し替えるとかあっさりしていたし、というか、導入のあのあたり…わしにはわかりにくかったのだ。
父性とか母性とか、開拓やまるで植民地支配みたいな構成が昔の映画みたいだった。

5作品になる? 観客がついてくるだろうか。いや、5作もつくれるだろうか。不安だ。

『アバター:WoW』の戦いは、1作目の『アバター』と大差ないような気さえしてくる。青い人たちが地球に来るとか、まったく新しいストーリーにしないと観る人たちが飽きないだろうか。漠然とそんな印象を持った。

しかし、すごい。主役は水。海ではないかと思うほどすごい。すごすぎる映画なのは間違いない。いや、これくらいの言葉では足りない。

ジェームス・キャメロン監督はパンドラという新たな惑星を創造したのかもしれない。そういっても過言じゃない。

観た人は誰もがそう思うだろう。見たこともない生物が泳いでいる。地球の海に似ているが…まったく違う世界なのだ。それを堪能すればいい。陶酔すればいいのだ。

だが、この作品を実写映画といえるんだろうか。
俳優がモーションキャプチャーの印を付けて演技をして、それを元にCGアニメーターが映画にしている。驚嘆するほど滑らかだ。1作目を凌駕している。

『アバター』がアニメだとすれば、上位の人気作はすべてアニメということになる。
もう、実写とかアニメとかの分類は意味がなくなるのだろうか。

パソコンの普及によって、紙によるマンガの原画の展示ができなくなってきている。時代の趨勢。映画も似たようなことがいえるのかな。
地元では[TUTAYA]もなくなったし…時代について行けるか不安にもなる。

『アバター:WoW』を字幕の3Dで観たので、文字を追って画面を100%観られなかったかもしれない。吹き替えの3Dで観直してみよう。

https://youtu.be/piZ00vKaLaE

これから先10年、キャメロン作品と付き合うことになりそうだ。

プロフィール

ネコタル爺

Author:ネコタル爺
FC2ブログへようこそ!
ネコ爺ことネコタル爺の高峰 至です。

http://neko.a.la9.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR