FC2ブログ

検察側の罪人を考えるもエ~ガね

知り合いから『検察側の罪人』がよかったといわれた。わしは人から薦められると必ずその映画を観る。自分好みの映画ばかりだと偏ってしまうからだ。
観る直前になって…薦めた人は熱狂的なキムタクファンだと知った。心配になった。ファンならどんなデキでもよかったというだろうから。

しかし、監督は原田眞人だ。『駆込み女と駆出し男』『日本のいちばん長い日』『関ケ原』が好きだった。原田監督ならハズレはない気がする。そう思って…観た。

https://youtu.be/wzvmvESzuv0

公開中なので内容には触れられないが、許される範囲で書いておこう。何さま発言をお許し願いたい。

オープニングの都会の風景。シンメトリーのクレジットデザインが美しい。それに引き込まれた。

木村拓哉ことキムタク扮する最上はベテランのエリート検事。二宮和也ことニノ扮する沖野が若手検事で、タイトル通りに検察側の罪人を描いている。

法を越えて裁きを下す『イコライザー』という映画があったが、それに通じる。『黒い警察』というのもあったな。いわゆる、ダークヒーローものにある自警(ヴィジランティズ)。テレビ時代劇の「必殺」ものの構図だ。
検察側の正義とは何か。正義の名のもとに個人が罰を下すことが許されるのか。そういう犯罪映画だった。

『シン・ゴジラ』の影響もあるのか、『関ケ原』では早口のセリフが聴き取りにくかった。『検察側の罪人』でもそれがいえる。字幕がほしいと思った。ときに小声だったりもするし。でもそれがドキュメンタリーのようなリアル感を出している。

キムタクは新境地を開拓したかも。最上に感情移入できるかが問題なのかもしれないが…。
最上側で観るか、沖野側で観るか、吉高扮する橘側で観るか。あるいは…。
キムタクもニノも吉高由里子もよかったが、脇のウサン臭いオッサン連中がよかった。特に、被疑者の松倉を演じた酒向芳はキョーレツな印象を残す。特筆に価すると思った。助演男優賞ものだろう。

キムタク主演の映画では『武士の一分』があった。わしはテレビがないのでよく知らないが、ドラマの「HERO」は若手検事役じゃなかったかな。そうか、もう若手でもないんだなぁ。
ニノのほうは『硫黄島からの手紙』が印象に残ってる。『青の炎』も観たな。
わしは俳優で映画を観るということは…あまりしない。監督で観るほうが多い。多分、あくまでも作品として監督的な視点で映画を観ているんだろうと思う。

原田監督を知ったのは『ラスト・サムライ』だった。俳優として出ていた。
今、雫井脩介の原作を読もうか迷っている。『関ケ原』では独自の解釈で原作の小早川に味付けしたように、原作の「検察側の罪人」のどこをどう変えたのか…興味がある。
政界のことやインパール作戦など記憶の源流ともいえる部分は原田監督が加味したんじゃないかな。原作はもっとストレートだという気がする。

映画はある意味、監督との闘いだ。想像を強いる作品だったので、わしもフル回転で考えた。これは映画用のラストであって、原作では違うだろうというのは想像がつく。
今はCG技術があるんだから、若いときの映像をつくることもできたのでは…とか、実はいろいろと考えた。これがわしの映画のたのしみ方なのでカンベンしていただきたい。岡田准一と池松壮亮でやったらどうなっただろうなどと想像してみたりもした。

結論として、映画『検察側の罪人』は確かによかった。
ただ、キムタクとニノを使ったことによってトクをしたのかソンをしてるのか。そりゃ、このふたりのファンは観るだろう。でも、肝心の一般の映画ファンはアイドル映画だとケイエンするかもしれない。彼らが主演だから観ないという人もいるだろう。
だとしたらモッタイナイ話だ。汚れた正義というか、しっかりと社会派映画になってるのになぁ。

それにしても、検察庁とか検察の仕事というのは…アタマのわるいわしにはとても難しい。


羊と鋼の森に共鳴するもエ~ガね

わしの上のきょうだいは皆、都会で生まれ育ったが…わしと弟は山村で生まれた。木々の音や緑の匂いの中で育った。多分、今でもわしの心の奥底にはその音や匂いがある。おそらく、それが心の中の広い部分を占めているんだろうな。

きっとそのせいだろう。『羊と鋼の森』の予告編を観たとき、とても懐かしく感じたのだ。だから…監督名も知らず、主役も何も知らないまま公開初日にその映画を観た。まるで故郷に帰るような気持ちで…。

https://youtu.be/g1O7i4jNJ6c

『羊と鋼の森』はピアノの調律師の話だ。繊細な青年が天才調律師の作り出した“音”に触れ…そこに故郷の森を感じて、その道を目指す。ひたむきで誠実でデリケートな映画だった。
監督は橋本光二郎。主演は山崎賢人。脇の俳優も皆、よかった。個人的には森の妖精のような上白石姉妹がよかった。


原作者の名前さえ知らなかった。映画を観てから原作小説を読んだ。一語いちご…丁寧にていねいに読んだ。
宮下奈都の文章は繊細に…主人公の心模様を描く。ピアノのことを細密に伝えてくれる。説明なのに気持ちとして伝えてくれる。そこが好きだった。

映画本編でも感じたことだが、『羊と鋼の森』の外村青年はどこかわしに似ている。もちろん、気持ちの上で…だ。原作では主人公の容姿的なことはもちろん、下の名前さえも書かれていない。

映画では当然、音楽表現ができる。小説ではそれを文字で書くことになる。
もともと文字として書かれていた“音”や心象風景を、映像と音楽でどう表現していたのか。尽きない興味があった。

とにかく、読み飛ばすことができなかった。だから時間をかけて読んだ。
今はもうない故郷を思い出しながら…。


富士山で心の旅路を思うもエ~ガね

富士山に登頂した。30年くらい前に登っているので、今回が2度目。もっとラクかと思っていたが…前回よりキツかった。ヘロヘロになった。
考えてみれば当たり前か。わしは年齢とか…いろいろなことで自覚が足りない(笑)。

登山道は登山客で渋滞、というのは予想通り。山頂は新宿駅状態。各国の言葉も氾濫。
それより驚いたのは装備やファッションの違い。他の皆はまるでテニスにでも行くような軽いカッコ。わしはといえば…ニッカズボンだけはやめておいたが、靴もザックも何もかも40年前の山のスタイル。いやはや何とも…山出しヤローじゃった。

今回、障害を持つ人を含む60名での団体登山だった。未経験のことで勉強になったし、貴重な体験だった。楽しかった。


山はよく人生にたとえられる。オリオン座や流星を観ながら…ふと、『心の旅路』を思い出した。

戦争に行って砲弾を受けて記憶喪失になって、自分が誰かさえもわからない主人公。でも、収容された精神病院から抜け出して…だったかな、とにかく踊り子と出会う。月日は流れ、世話をしてくれるその女性を愛するようになる。

しかし、ちょっとした事故で主人公の記憶が戻り…逆にその人を忘れてしまう。誰か大切な女性が傍にいてくれたような気がする。そういう思いだけを残して…。部屋の鍵だけを残して…。

戦争に行く前の記憶が戻った主人公は実家に戻る。実は主人公は資産家の息子で、そこを継いで実業家になる。
実家では若くてかわいいエマ・ワトソン似の姪が「おじさま、おじさま」と慕ってくる。やがて、その姪と結婚という話になるのだが…。

記憶をなくしていた何年間を共にした最愛の女性。その人を思い出すことができるか、もとのふたりとして再会できるのか。それが『心の旅路』というピュアな作品だった。大人のラブストーリー。感動的だった。

よくある設定だし、この種の映画は他にもたくさんある。あの映画もこの映画も…。でも、マーヴィン・ルロイ監督によるこの映画は1942年の作なので、おそらくはこれが源流だろう。原作は1941年に発表されたジェームス・ヒルトンの小説らしい。

https://youtu.be/alMA9WVruZg

意地悪で不遜な発想だが、横道にそれてみる。もし、主人公が若くて美しくてかわいい姪のほうを選んで、記憶をなくしていたときの女性を思い出さなかったら? すると話はどうなっただろう。

かわいかった姪は結婚してみると性格がわるくて、金づかいも荒くてとか? 主人公はもうイヤッと思うが、今さら記憶喪失のときに出会った女性を思い出したとはいえず、泥沼ドツボにはまって抜けられず滑落人生? それとも…。

もしも、あのときに別の道を選んでいたら…というのは誰にでもあることだろうと思う。 


そういえば…すぐに見つかったけど、富士山では行方不明者が出た。美しい星空を見上げていたら別の道に入ってしまったようだ。う~む。美は迷いの原因のひとつかもしれないな。

カメラを止めるな!を止めなくてもエ~ガね

『カメラを止めるな!』を観た。

制作費は300万円だという。監督は上田慎一郎というが、知らない新人監督。俳優たちも誰ひとり知らない。
口コミで広がった。上映2館からスタートして、それが…今では上映100館を越えているという話題の映画だ。

わしはホラーやスプラッターは苦手だが、そういうのとは少し違う。愛と笑いがあった。そう、笑った。館内爆笑。
でも、内容は書けない。あぁでも、最低限のことは書いておこう。これで終わるのかとアセッた。大丈夫。“終わってから始まる”という異色の作品だった。
物事は視点を変えればまったく違う。恐怖も笑いになったりする。ソコかもね。

『ワンカット・オブ・ザ・デッド』をつくった人たちの“映画愛”に満ちた映画。確かにこれは…映画でしかできない映画。
分類は難しいが、人間愛、家族愛も感じた。わしは感動した。ホラーコメディ? 愛と笑いと感動の怪奇スプラッター映画?

車酔いするように、映画の画面に酔ったという人もいたので、それもちょっと注意かな。
拡大ロードショーに広がっているが、もともとが大画面で観るタイプの映画ではないだろうとは思う。

映画会社が放っておかず、次回作には莫大な予算が組まれるのだろうか。監督は大丈夫か。それが少し心配。この手法はもう使えないだろうし…。

とにかく、『カメラを止めるな!』はとってもエ~ガね。

https://youtu.be/YEpQQ-DURnM

プロフィール

ネコタル爺

Author:ネコタル爺
FC2ブログへようこそ!
ネコ爺ことネコタル爺の高峰 至です。

http://neko.a.la9.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR