FC2ブログ

ゴジラを語るもエーガね

映画は娯楽だ。おもしろければいい。と、思う。
ただ、このおもしろさってヤツが曲者で、何におもしろいと感じるかは人それぞれだったりする。それは時代とともに変化したりもするのだ。

1954年に生まれたゴジラにしても、着ぐるみからCGへとずいぶんと変化した。顔つきも大きさも…まるで違う。

https://youtu.be/I_sDRg4oOHQ

4DXで『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を観た。先ず字幕の通常版で観て、日を置いて次に吹き替えの4DX観賞だった。
圧倒的だ。CGであそこまでの質感や存在感が出せる。すごい時代になったもんだと思う。
レンダリング? 光学処理? コンピュータで映像を生成することかな。それが進歩したんだろうな。

すべてを観たかは記憶があいまいだが、東宝のゴジラ映画は30作くらいあったと思う。今作はそれらを原作として踏襲している。特にキングギドラが出た三大怪獣だか決戦だか総進撃がどうとかってタイトルの映画。ギドラが外来種で、モンスター・ゼロと呼んでいたのもその流れだ。モスラやラドンなども研究し尽くしているのだ。
おそらく、ゴジラの声は東宝のものを使ってるんじゃないかな。

それは当然だろうと思っていたが、平成版『ガメラ』がベースにあると感じて驚いた。
今作はギャレス・エドワーズ監督の『ゴジラ』のつづきだが、怪獣のためにきょうだいを亡くした少女…という設定は平成『ガメラ』のイリスの話に通じる。と、そんな具合にありとあらゆる怪獣映画が入っている。日本の怪獣映画へのオマージュがてんこ盛り。マイケル・ドハティ監督はどんだけ怪獣映画のファンなんだぁ。

そして、なんといっても…源流である1954年の初代『ゴジラ』への敬意を『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』に強く感じた。
水爆実験による第五福竜丸の人為災害のあった年。海上自衛隊ができたのもこの年だったかもしれない。本多猪四郎監督の初代『ゴジラ』は謎に満ちたモノクロの怖い映画。ドキュメンタリーのようにリアルで…まるでドイツの表現主義のようだった。当時、怪獣映画などという言葉もなく、ゲテモノ映画と呼ばれ軽蔑されていた。でも、おもしろかった。子ども時代に観た円谷英二の特撮。それは今でもわしの宝なのだ。

時代によって評価も変わる。渡辺謙が演じた芹沢博士など、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』は初代『ゴジラ』と“合わせ鏡”になっている。と、感じた。そぅ、オキシジェン・デストロイヤーとかね。初代『ゴジラ』は必見だろう。

チャン・ツィイーが「私たちは重要じゃないの。ゴジラたちが主役だから」とかいってたが、確かに人間表現は浅いかもしれない。ゴジラの足元でノタノタしてるだけって感じだったし(笑)。「人間はいらない。ゴジラたちだけ観たかった」という声もあったなぁ。
そういえば、初代ゴジラが品川に上陸したとき街が破壊されたわけだが、「ウチの実家の眼鏡屋はゴジラに壊されたんだ」と自慢していた友人がいた。久しく会っていないがどうしてるかなぁ。

まったく違うことを思い出した。現天皇が幼少のときに、デパートに行って初めて自分のお小遣いで買ったのが秋田書店の「怪獣図鑑」だった。次の日に学校へ行って自慢したら、クラスメートは皆、テレビのニュースで知っていた…。あの頃、テレビが一般家庭に普及した時期だったな。

火山山頂に怪獣。右下に十字架…のような物。その場面が絵的に美しくて好きだった。オリジナル版の鳥居に対抗したのかもしれない。
日本人の自然観。これを書くとながくなるのでやめるが、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を観て少し違うなと思ったのはキングにひれ伏す場面。日本は八百万の神…多神教の国だ。対して、アメリカは一神教。その違いなのかなとおもしろく感じた。
ゴジラに「出世したね」と声をかけてやりたい気分だった。ゴリラとクジラをミックスして生まれたネーミングが、アメリカに渡って“GOD”になったんだもんな。

音楽の伊福部昭へのオマージュ。それをあちこちで感じた。うれしくなった。
とにかく、今作はマイケル・ドハティ監督の怪獣愛…いや、怪獣を含めたモンスター愛が炸裂する映画だった。
わしがもっともカンゲキしたのはエンディングロール。観終わって…思わず、カラオケでザ・ピーナッツの「モスラの歌」を唄ったのだ。

次は『キングコング 髑髏島の巨神』のコングと戦うらしい。東宝の『キングコング対ゴジラ』では確か名古屋城を挟んで戦っていたが…さて、どうなるんかいなぁ。

どう再構築するかを楽しむ。そういうおもしろがり方は邪道だろうか。


若おかみは小学生!だってエ~ガね

釣り堀わきで小走りの師匠とすれ違った。わしが「F先生!」声をかけると「ごめん。今話せないんだ」とのこと。わしは「心配してました。よかった。お元気だったんですね!」という。目覚めて…気づいた。もういないのだと…。不思議な現実味のある夢だった。

そんな夢を見たのもこの映画を観たせいだろう。
わしは人から薦められて観ることが好きだ。食指が動かないこともあるが…それでも観る。すると、どうして薦めてくれたのかがわかる。たいていの場合、観てよかったと思う。
このアニメ映画もそうだった。『若おかみは小学生!』という。

https://youtu.be/04lEsanpViI

映画が公開されていたときに「観るといいですよ」といわれた。でも、観なかった。
わしは映画チラシの淡い色調の水彩画が好きだった。もしかすると、あれは高坂希太郎監督の絵なんだろうか。でも、実際のアニメではクッキリハッキリした鮮やかな絵になり、いかにもお子さまアニメで…それが気になったのだ。
かつて、高畑勲監督は淡い色調のコンテ絵のままでアニメをつくったことがある。いわゆる背景動画で時間がかかりすぎるから、普通じゃできないことはわかってるけどね。
一番気になったのは主人公“おっこ”の黒目が大きすぎること。他のキャラと黒目の大きさが違いすぎるじゃないか。違和感があった。

それをレンタル屋でDVDを見つけて…観た。
よかった。笑って…泣けた。2回観た。2回目も笑って泣けた。
「細腕繁盛記」の子ども版?みたいに思っていたが、かなり違った。“おっこ”という普通の女の子の成長物語。その子のがんばる姿がいじらしく…よかった。仲間たちがよかった。神楽の場面もよかった。携帯が出てこないのもよかった。
何も知らないで観てよかったので、内容についてはこれ以上…語らない。

わしは原作の「青い鳥文庫」を知らなかった。『若おかみは小学生!』の原作は令丈ヒロ子で、そのイラストが亜沙美。そのイメージを大切にしてアニメ映画をつくったんだってことが…今になってわかる。とても丁寧につくられている。そうか…昔、試写会で観た『茄子 アンダルシアの夏』の高坂希太郎監督だったのか。今ごろ気づいた。
とにかく、観るように薦めてくれた人に感謝。

この映画は誰も拒まない。どんな人でも受け入れる。
鮮やかクッキリの絵柄は子ども向けぽいけど、子どもに観せても大丈夫な大人のアニメかもね。
かわいく切なく…泣けて笑える。これは家族で観るといいアニメ作品だと思う。子どもの日に観賞するのが最適かもしれない。


余談だが、『若おかみは小学生!』観賞後に家入レオの「Shine」を唄いたい気分になった。
それにしても、都会の空にこいのぼりを見なくなったなぁ。と思っていたら、アーケード商店街の天井でたっくさん泳いでいた。何だか…うれしくなった。

こんな夢を見た

平成から令和になるその時間…その日、わしは徹夜をした。渋谷のあの狂騒の中にいた…わけではない。
仕事をしていたのだ。細かい絵を描いていると目は疲れるし、徹夜仕事は辛い。というか、体力的にできない。なぜするかといえば…普段怠けているからそうなる。自業自得。だからこんなことになるのだ(笑)。



いつもながらのヘンな夢を見た。

男性音楽グループだかの…誰だか問題を起こして辞めた人に出会う。今は真面目に就職活動をしている。
バスの中に設置するカラオケボックスの営業販売をしているらしい。わしはなぜか「彼も今はちゃんとやってますから、よろしく」とか周りにアピールしている。
で、バスに設置したその場所まで電車で行く。バスの中のそのカラオケボックスに入ってみると思ったより広くプチスナック店みたいで、中には接客の女性もいて…その女性の面接をしている。どうやら、問題を起こして辞めた誰だかはそこの面接官らしい。
わしは、カラオケボックスを見にきたオッサンと川に沿って歩いていくと…電線に、Tシャツを干すようにぶらさげられているふたりのお笑い芸人を見つける。これは珍しいからとスマホで写真を撮ろうとする。するとそのお笑い芸人が「何で撮るんだぁ」と、ビョ~ンとこっちに伸びてくる。意味不明。

面接している人が身近にいるからか。
カラオケに行けないからか。
仕事のことか…。

夢はワケわからない(笑)。

洗骨してもエ~ガね

吉祥寺の[バウスシアター]がなくなって久しい。と思っていたら、小さな映画館がポツリポツリとできた。[ココマルシアター]もそのひとつ。以前、支配人がチラシを配っているときに遭遇し、そのときから行ってみたいとは思っていた。

https://youtu.be/qkJfGKehOvE

ココロヲ・動かす・[ココマルシアター]で、前から気になっていた『洗骨』を観た。監督は照屋年之といってもピンと来ないが、ガレッジセールのゴリといえば多くの人がわかる。
お笑い芸人が映画を撮ったくらいに思っていたのだが、彼はもともと…日芸の映画学科で映画の勉強をしていたのだ。短編映画を何作かつくっていたらしい。ゴリ監督に拍手!

洗骨とは文字通り…骨を洗うことだ。沖縄の離島に残る風習で、風葬された死者の肉体がなくなり…骨だけ(ミイラ?)になったころに縁者によって骨を綺麗に洗うことをいう。
わしはフォークロア的なことに興味があり、そういう風習がある(あった)ことは知っていた。

他の映画で洗骨を観た記憶もある。もしかするとそれは…成島東一郎監督の『青幻記 遠い日の母は美しく』だったかもしれない。違ってたらゴメン。

ゴリ監督の『洗骨』の舞台は沖縄の粟国島(あぐにじま)。母親が亡くなり、その4年後、洗骨のために家族が集まる。映画『洗骨』はその様子を描いている。もっと暗く深刻な映画かと思っていたら、そこには笑いと涙と感動と…希望があった。重い映画だけど軽く観られる…みたいな。

映画のキャッチコピーは「バラバラだった家族をひとつにしてくれたのは、骨になった母でした」という。一言でいい表している。まさにそういう映画だった。
情けないほどのダメオヤジがよかった。ダメな娘がよかった。優秀といわれたダメ息子だって…みんなみんながんばってる。

命のリレーっていうのかな。だから、みんな…今の自分があるんだよな。おおきに! だんだん! なのに…わしはそれを途絶えさせてしまうようでゴメン。
小さな映画会社の試写室みたいな[ココマルシアター]で、ほっこりとそんなことを考えた。


不謹慎かもしれないが、ラストの場面では…ふと『2001年宇宙の旅』の最後のシーンを思い出してしまった。


プロフィール

ネコタル爺

Author:ネコタル爺
FC2ブログへようこそ!
ネコ爺ことネコタル爺の高峰 至です。

http://neko.a.la9.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR