FC2ブログ

君がワンダーでエ~ガね

わしはふたつのレンタル店の会員だが、ひとつの店には『ワンダー 君は太陽』のDVDは置いてもいなかった。人気がないからだろうか。そう思ったが、もうひとつの店で借りてきて…観た。

映画のその子はオギーという。障害…というのとは少し違うかもしれないが、障害を持つ子の親たちをどう表現しているか。それを確認したかった。

https://youtu.be/oFyAFL2OmCo

字幕では“奇跡”という言葉にワンダーとルビをつけている。
ギフテッドというギフトの語源がある。神から与えられた子、選んでその親の元にやってきた…というニュアンスだろうか。親はオギーを奇跡として受け入れている。強く立派な親だ。母親役のジュリア・ロバーツが実質的な主人公じゃないかな。

「君は太陽」という副題は、オギーが家族の中心にいるからだ。皆が彼の周りを回ってる。
手のかからない姉のヴィアは…両親にもっと自分を見てほしい。出ている人が皆よかったが、特にヴィアを演じるイザベラ・ヴィドヴィッチがよかったな。

オギーが夜空を見上げながらいう。「いつか月に行くんだ」と…。
パイロットに憧れる彼の文字通りの夢かと思ったが、もしかすると…自分も誰かの周りを回りたいって意味もあったのかな。

オギーはいう。「ぼくは普通じゃない。でも、世の中に普通の人なんているのかな」と…。
予想通りのところに着地する展開だったものの、観て温かい気持ちになった。


近々、障害を持つ子の家に行く。家族構成が映画と同じだ。わしはそこで何を感じるだろう。


あんを考えるもエ~ガね

さぁ、正月ボケから抜け出して、仕事をスタートさせよう。

その前に、薦められて観た映画DVDのことを記録しておこう。河瀬直美監督の『あん』という。
この映画を教えてくれた人に、ただただ感謝。まったく何も知らないで観た。こういう話だったのか。しみじみと…観てよかった。

店長役が永瀬正敏。そこへやってくるのが樹木希林。店に出入りしている女子学生がその孫娘(モックンの娘の伽羅)。親友役で市原悦子も出ていた。

人生に安住などはない。ないからこそ、新鮮な驚きや喜びに出会えるのでは…という気がする。
わしは家族が苦手なのだろうか。でも、もっとも憧れているのも家族かもしれない。
人は皆、愛おしい。生きるってことは…出会いであり、別れでもある。
出演している人のすべてが役に寄り添い…自然でよかった。

https://youtu.be/t4OhrkllRsM

原作はドリアン助川だっけ? 探してみよう。

予告編を載せたが、何も観ないで、何も聞かないで、ただ観てほしい。そう思った。
だから、わしはここで何も語らない。


ロード・オブ・ザ・リングで新年を迎えるもエ~ガね

年はひと回りして、静かに新しい年を迎えた。テレビを持たないわしは「Lemon」の「紅白」初歌唱を観ることもなかった。米津玄師の歌はカラオケで唄っているので興味はあったのだが…。
テレビのない生活はもう20年ちかくつづいている。その分、読書とDVD観賞の時間が増えた。

で、何をしていたかといえば、『ロード・オブ・ザ・リング』3部作をDVDで観ていた。トールキンの「指輪物語」が原作で、ホビット族のフロドが指輪を捨てに行く冒険ファンタジーだ。もちろん、公開時に観た。原作小説は途中で挫折したものの…子ども向けのものでは読んだことがある。

実は正月が苦手なので、そこから離れたかったというのもあるのだが、DVDはながかった。
もともとながい映画だったが、何とかバージョンは公開時の映画よりもさらにながい。3作合わせると10時間近いだろう。そのリアルなファンタジーを堪能したが…休みながら観られるとはいえ、さすがにちょっと疲れた。

わしの子どものころは毎日が冒険だった。道なき山を越えて隣町まで遊びに行くこともあった。食べられる木の実を見つけたりして…。木々の声、風の声。遠い稜線の美しさとか、そんなことを思い出した。それがあったから、登山をするようになったんだろうな。
子ども時代はまるで、1作目の「旅の仲間」じゃないか。

『ロード・オブ・ザ・リング』で、巨木が動いて戦うシークェンスがある。映画ではそれは3作目の「王の帰還」の中だった。と、記憶する。でも、DVDでは2作目の「二つの塔」にそれはあった。
3作目はゴラムがあの姿ではなく…まだホビット族でスメアゴルと呼ばれていたころから始まる。ガンダルフは3部作を通して出てくるが、3作目ではサルマンはいっさい出てこない。

そうか、そうだった。ながい映画なので…そのあたりの構成を変えて上映したんだったな。何度観ても発見がある。
それにしても、ピーター・ジャクソン監督はすごい映画をつくったものだ。今さらながら思う。

https://youtu.be/NJVxEaGrHS4

ともかく、ながい冒険の旅から戻ってきたら…新年になっていた。
人生という名の冒険はつづく。信念の年としたいものだ。


ボヘミアンに熱狂するもエ~ガね!

観た! というより、ライヴに行ってきた感覚に近い。よかったぁ! 涙が止まらなかった。
クイーンの伝記映画。ブライアン・シンガー監督による『ボヘミアン・ラプソディ』のことだ。
監督降板? 監督問題ではいろいろあったようだが、それはこの際…置いておこう。

https://youtu.be/0UkG8GnfCCY

追いやったはずの闇が近づいてくる。彼はそんなことをいってた。痛いほど気持ちがわかる。いや、わしなどにわかるはずもないのだが、感情移入できたということは理解できたということに違いない。
彼の孤独…。恐れ…。その純粋さ…。生き様…。
彼は音楽の娼婦だといっていたが、きっと自分の…いや、自分たちの音楽の中にしか居場所はなかったんだろうな。

魂が揺さぶられた。ラミ・マレックが彼を演じているのではなく、フレディ・マーキュリーがそこにいた。
魂の音楽。魂の共鳴。よかった。涙が止まらなかった。今年一番のお気に入りかもしれない。


そうか、今ころ気づいた。「Mr.ロボット」というアメリカのテレビドラマがあって、わしのお気に入りだった。あのときのギョロ目のハッカーの主人公がラミ・マレックだったんだ。出っ歯になってるから気づかなかった。
ということは…当たり前だけど、彼は音楽のプロじゃない。彼が実際に唄ってるわけじゃないってことだ。製作に関することを知らないが、全部じゃないまでも…音源の多くはクイーン本人たちじゃないかな。

『ボヘミアン・ラプソディ』はまるでドキュメンタリーのようなタッチだった。ライヴのような気持ちで観たけど、時系列の改変構成や歌声や演奏やあの会場の群集シーンにしても、合成とか編集処理をし…映画テクニックを使った映画らしい映画だったんだと今になってわかる。

わしはリクツで観るようなところがあるのかもしれない。どこがそんなによかったのか、実は自分でも…よくわからなかった。でも…今はわかる。わかる気がする。
本来、興奮とか感動というものはそういうものなのかもしれない。

まさか、若き日に接していた音楽とこんな形で再会する日が来ようとは……。温故知新という言葉が思い浮かんだ。


そういえば、昔住んでた街に[ボヘミ庵]という酒の店があった。店の主人もきっと、クイーンにイカれたクチだったんだろうな。

プロフィール

ネコタル爺

Author:ネコタル爺
FC2ブログへようこそ!
ネコ爺ことネコタル爺の高峰 至です。

http://neko.a.la9.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR