ノクターナル・アニマルズを読むもエ~ガね

なんて後を引く映画だろう。頭から離れない。“夜の獣たち”とサブタイトルの付いた『ノクターナル・アニマルズ』のことをずっと考えている。

美しい。計算しつくされた美…視覚的に伝わってくると思ったら、そうか、監督のトム・フォードはファッション・デザイナーなのか。

https://youtu.be/AuNdHjQ3THU

サスペンスだがほとんど予告編で語られているし、ネタばれとか…そういう種類の映画でもないと思うので、深く内容にまで触れてみようと思う。


主人公スーザン(エイミー・アダムス)は人から羨まれるセレブ。でも、心は満たされていない。
そんな折、20年前に別れた夫エドワード(ジェイク・ギレンホール)から、彼が書いた小説のゲラ刷りが届く。テキサスを舞台にしたその過激な小説のタイトルが「ノクターナル・アニマルズ(夜の獣たち)」なのだ。
最初のページには「スーザンに捧ぐ」の文字が…。

エイミー・アダムス扮するスーザンは目だけで気持ちを表現する。スーザンは思う。別れた夫はなぜ今になって自分に小説を送ってきたのか。まだ愛情が残っているからか。読み始め、その力強い小説に圧倒される。心の奥に秘めた衝動が蘇ってくる。

現実のスーザンは20年前を思い出しながら小説の世界を読み進んでいく。今と昔と小説。今は冷たく昔は温かく、小説は殺伐としている。色調分けされた三つ巴は相乗効果の中で溶け合い、小説の中の主人公トニー(ジェイク・ギレンホール)が過去の夫エドワード(ジェイク・ギレンホール)と重なっていく。

スーザンは思い出す。なぜ、小説を書くのかと聞いたことがあった。彼は物語を生かしておきたいといった。死にゆくものを書くことで救うのだと…。もしかすると、あれから20年かけて彼はこの小説を書き上げたのかもしれない。
執念と情熱。彼にこれほどの才能があったのか。
自分の才能を今ごろ知ったかと気づかせるために送ってきたのか…。自分への恨みつらみなのか。仕打ちなのか。未練なのか。復讐なのか。愛なのか。

誰かを愛したら努力しろ。あきらめるな。失くしたら二度と戻らないんだぞ。スーザンは彼からのそんな言葉も思い出す。彼は自分を信じる強さを持っていた。あれから、私の人生は思わぬ方向に変わって、彼の長所までも憎むようになったのだろうか。
スーザン自身、わからない。ただ…心の闇だけが彼女を包み込む。

わしはエイミー・アダムスのファンだし、当然、ジェイク・ギレンホールのファンでもある。助演の俳優陣もよかった。
紡ぎ織りなされた『ノクターナル・アニマルズ』のことを、わしは今なお…考えている。
自分自身にも通じることがあるからだろうか。


答えはない。わからない。観る者が自分なりに考える映画だ。
わしはふと、♪いつの日にか 僕のことを 想い出すがいい♪と唄った来生姉弟の「夢の途中」を思い出した。一般的には薬師丸が唄った「セーラー服と機関銃」のほうが知られてるかな。


マジカルガールでSA-RA SA-RAになるもエ~ガね

仲間とポップカルチャーがらみの話をしていたら『マジカル・ガール』につながった。フランス…いや、スペイン映画かな。予備知識なしでウトウトしながらDVDを観ていたらよくわからなかったので…観直した。不思議な映画だ。分類が難しい。

https://youtu.be/owmCUm4lNFU

驚いた。冒頭、日本のアニメソングみたいなのが流れた。とても新鮮。調べたら…長山洋子の「春はSA-RA SA-RA」だった。

白血病の娘が日本アニメのファンで、父親は娘の願いを叶えてやりたいと思う。この親子の話かと思ったら、まったく別の…元女子生徒と元教師のほうにつながる。父親がラジオで娘の声を聴いていたら感動の物語になっていた? 
人生はおもしろい。パズルのように、ちょっとしたつながりで別のものになっていく…。

こっちがメインだったりする元女子生徒バルバラと元教師、何だか…昔観たフランス映画『白い婚礼』を思い出した。場面にはないが、教師はあんなふうに女子生徒に翻ろうされて今があるだんだろう。

『マジカル・ガール』は場面場面のつながりがおもしろい。実際にジグソーパズルも出てくるが、話がバラバラなようで…全体が予期しないほうにつながっていく。フィルムノワール? 見せないシーンはまったく見せない。
難解ではないが、余白で魅せる映画。そこがおもしろい。映画のラストはムナシイけれど…。

カメラワークもおもしろい。ヒキが少なく、フレームが固定されている。登場人物が路上で何かを拾っても手元がフレーム外で見えなかったりする。見せないモノはまったく見せない。マジックのように…。
フレーミングにマンガのコマを感じたのだが、監督はもともとマンガ家だったらしい。納得。

カルロス・ベルムト監督はかなりの日本通のようで、日本アニメが大好きなんだろう。日本的モチーフとして美輪明宏がらみの黒トカゲのドアマークも出てきたりした。検索サイトの“RAMPO”は江戸川乱歩かも…。興味深い。

「魔法少女ものじゃないじゃないか」と憤慨した観客がいたという。了見の狭さに笑ってしまう。
とはいっても、わしにとって印象深かったのは「春はSA-RA SA-RA」で、カラオケで唄ってみたら…唄えた。不思議だ(笑)。

レディ・プレイヤー1に呆れるもエ~ガね

スピルバーグ監督の『レディ・プレイヤー1』を観た。オタクの祭典!? ゲームと映画の融合? すごかった。呆れた。呆れるほどにすごかった。

https://youtu.be/BlTCXShunpI

30年ほど先の未来。ある意味、現実以上になったバーチャルリアリティの世界を描く。その世界が“オアシス”だ。
キャメロン監督の『アバター』とは少し違うが、『レディ・プレイヤー1』でも主人公たちは現実とバーチャルの世界を行ったりきたりする。ゴーグルひとつで…。
同種といえる映画には『エンダーのゲーム』もあったかな。

『レディ・プレイヤー1』の原作は「自分の好きな1980年代のポップカルチャーをすべて入れたかった」というアーネスト・クラインの「ゲームウォーズ」。
だから、当時のポップカルチャーが絡む。スピルバーグ監督好みのも絡む。まばたきしている暇がない。ポップカルチャーへの謳歌。オマージュやパロディや知的財産がてんこ盛りであふれ出す。

キューブリック監督の『シャイニング』が出てきたときには思わずニンマリ。原作者のスティーヴン・キングは映画が気に入ってなかったとか、そういうオタク知識超満載。
『アイアン・ジャイアント』が出てきたのもうれしかったな。ガレージの中やあれもこれも…。

わしだって結構詳しいほうだと思うが、多分…半分くらいしか認識できなかった。一瞬通りすぎた今のはもしかして…みたいな。あと数回、映画を観るしかない。次は吹き替えで。いや、それでも観逃すだろうから、DVDを買って静止しながら確認するしかない。
いやはや、スピルバーグ監督は…何てすごい映画をつくったんだ。呆れてしまう。

思い起こせば、わしはスティーブン・スピルバーグ監督のデビュー作からリアルタイムで観てきた。彼が25歳でつくった『激突』はもともとテレビ映画だから公開時に観たかは微妙だが、とにかくほとんどすべての作品をリアルタイムで観ている。

熱心に観つづけてきたのは、単に好みというだけではなく、彼が黒澤明監督の弟子を自認してたことも大きいかもしれない。
黒澤映画といえば、ひとりのキャラのアバターは鎧武者姿の三船敏郎じゃないか。と、こんなふうに書き出すとキリがない。あのキャラもこのキャラも…。

“オアシス”のバーチャルリアリティの世界はホントにすごいが、スピルバーグ監督はアナログ時代の人だから現実世界も描き、そこに落とし込んでくれる。バーチャル世界に逃げてるだけじゃダメだよ、といってる気がする。だから、すごくおもしろかったというだけでなく、わしはそこにすごく安心感を持った。そこが好みの分かれるところかもしれないけど…。

それにしても、映画という表現はすごいところに来てしまったもんだ。
表現技術が変われば当然、内容も変わる。昔は映像から想像することを求められた。今は受け止めることを求められる。多分、昔の映画のような感動を求めてはいけないのだ。

360度画面に飛び交うホログラム登場人物。家に帰れば、人間の知能を超えたAIのホログラム奥さん。そんな日も近いかもね。わしらはすごい…おもしろい時代に生きているようだ。

素晴らしき日曜日にするもエ~ガね

黒澤監督の没後20年を記念して…というわけでもないが、大昔に映画館で観た『素晴らしき日曜日』をDVDで観た。
黒澤作品は当然、全30作のすべてを観ている。中でも好きな作品はそれこそ30回とか…もう、覚えるくらい観ている。でも、この小品は3回しか観てなかった。

https://youtu.be/EFDwEefYJlk

黒澤映画は日本映画の中にあってダイナミックで洋画のようだった。そこが好きだった。ところが、この『素晴らしき日曜日』は…重く暗く貧しく、生々しくジメジメした感じがして嫌だった。黒澤映画らしくないと位置づけていたのだろう。

『姿三四郎』で監督デビューして、確か『素晴らしき日曜日』は6作目。昭和22年の作品で、このころはいわゆる青春ものが多い。黒澤監督も若かったんだな。
この次の作品でやっと三船敏郎が出てくるわけだが、今回観直して…新鮮というか、昔とは少し違う印象を受けた。三船の登場以前に、黒澤明の演出の形はすでにできあがっていたんだなぁと痛感した。

『素晴らしき日曜日』は笑いも多く、明るく希望に満ちている。喫茶店から音楽堂へとつづくラストは、今観ても色あせない。
黒澤監督らしい作品だったんだなぁ。場面場面で、後の数々の黒澤映画を思い出させた。

今ごろになっての大発見だが、『素晴らしき日曜日』には…ディズニーの『ファンタジア』の影響もあるのかもしれない。

プロフィール

ネコタル爺

Author:ネコタル爺
FC2ブログへようこそ!
ネコ爺ことネコタル爺の高峰 至です。

http://neko.a.la9.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR